Archive for 11 月 20th, 2005

クリスマスの記憶「マライア・キャリー」

PIC_0173「好きなクリスマス・ソングは何?」・・・そう聞くと、人それぞれに、いろんな曲が出てくる。その答えで、世代が分かったり、音楽の嗜好性が分かったり、実に面白い。妻に尋ねたら、ワムの「ラスト・クリスマス」か、松任谷由実「恋人がサンタクロース」。なるほど。自分に問えば、ジョン・レノン「HAPPY XMAS(WAR IS OVER)」か、マライア・キャリーの「All I Want for  Christmas is You(恋人たちのクリスマス)」。山達の「クリスマス・イブ」も外せない。う~ん、それぞれいろんな思い出がそれぞれ詰まってるなぁ。

この秋に転職した先のオフィスビルのパティオには、かなり大きなクリスマス・ツリーが飾られる。点灯式は11月17日(木)。ボジョレー・ヌーヴォー解禁日。管弦三重奏のライブと共に、ワインの試飲をやっていた。残念ながら夕方から取引先に出かけたために、試飲の風景を横目で見ながら駅に急いだ。(もちろん仕事の後、しっかり飲んだ。)

クリスマスツリーと言えば、NYCのロックフェラー・センターや、ワシントンのホワイト・ハウスのクリスマス・ツリー。振り返れば、その二ヶ所も含め、数々のクリスマス・ツリーを眺めてきた。台北のリージェントホテルで、香港のグランドハイアットで、パリのホテル・リッツで。そして日本でも、代々木競技場前のドリカムがプロデュースしたツリー、日比谷花壇本店横のツリー、などなど、いろいろな思い出がある。そして、そのBGMは・・・。

そう、記憶の風景には音楽が流れている。そして、マライア・キャリーの名盤「Merry Christmas」には、いろんな記憶の風景が交錯する。その中でも、「All I Want for  Christmas is You」には・・・、うぅ~ん、お伝えできないのが残念。人には、大事にしまっておきたいクリスマスの記憶がある。この曲には、そんな思い出が・・・。(念のため、妻に聞いたら、「あらら?何だっけ?」・・・)辛いことを忘れることができる、一緒に暮らすには実に良いやつだけど、幸せな現在が一番大事だから過去の幸せは忘れてしまう、そんなやつ。

てな訳で、今回の記事は“コメント受付あり”の設定。クリスマス・ソングの思い出が聞いてみたい。そんな気分。よろしかったら、どうぞ。

001702013

SINCE 1.May 2005