小香港へ「NAGASAKIさるく」

Photo_2休日出勤が続き、ブログの更新もままならない。土日に記事を1本づつという最小限の目標も守れない週末が続いた。残念。モチベーションも下がり気味。そこで、“ニンジン”を自分の鼻先にぶら下げた。できるだけ遠くへ出かけよう!来年早々に切れてしまうBAのマイルを遣いきってしまおう!思い立ったら行動も早いお気楽夫婦。沖縄だぁっ、北海道だぁと悩み楽しんだ後に、中華料理好きの妻が唯一訪れていない日本三大中華街のひとつ、長崎に決定。

Photo_31階建てのトラム(市電のことですが)が走る街並は、まるで香港のよう。“100万ドルの夜景”と謳われる香港に対抗して、“1000万ドルの夜景”と豪語する長崎。(稲佐山ロープウェーのチケット売場に堂々と書いてありました)確かに稲佐山からの眺めは、ちょうど目の前に輝いていた満月の明かりと相まって、素晴らしい。長崎湾と浦上川を挟んで広がる街は、これまたヴィクトリア湾を抱え込む香港のよう。勝手に小香港と呼んでしまおう!と、はしゃぐ二人。

Photo_5そして何より中華街で食べた、あの料理が、絶品!その一品を食べるためだけに、また長崎を訪ねても良い。私の最後の晩餐の候補として、あなごの白焼きをダントツの1位に挙げていたが、これはそれに迫る勢い。旨かったぁ…。もう思い出しても涙目になる。甘くとろける餡が、ほろほろとした…。あ、残念ながら時間切れ。

コメントする








002156544

SINCE 1.May 2005