スカッシュ♡ダイエット?の後で「東京餃子樓」三軒茶屋

東京ギョーザ樓IGAさん、またスカッシュやりますか」春の風邪っ引きの原因になった夜桜見物の席でノルウェー人社長にお誘いを受けた。妻も誘いOKの返事をする。彼とはライブハウスに行ったりスカッシュをやったり、仕事の話はほとんどしたことがない。(仕事の話はもっぱら日本人の副社長と進めることになる)ある週末、私の風邪のために1週間延期になったものの、彼のホームコートである恵比寿のスポーツクラブに向かう。約束は日曜の朝。体調を確認しながら、2週間ぶりのスカッシュ。あれ?コートに入ると身体が良く動く。相手のショットに脚がついて行く。夢中でコートの中を走り回る。たっぷりの汗がしたたる。ただでさえ新陳代謝が良く汗の量は多いけれど、久しぶりのスカッシュで普段以上の汗が吹き出る。

ビールときゅうりもやししぶりに身体を動かす快感。たっぷり疲れた身体をジャグジーでほぐす。さっぱり気分で体重計に乗る…え”っ!昨夜計った体重に比べて3kgも減っている。減り過ぎ!水分補給!栄養補給!とは言え時間がない。軽い昼食を取り、午後からのレッスンのために用賀に向かう。そんな日に限り、メンバーが何人かお休み。少人数の過酷なレッスンになる。ふぅ、倒れそう!脚がつりそうだ!シャワーを浴びた後、体重計に乗るとさらに1kg減!計4kg減!これはいかん!自分の顔を触ってまたびっくり。肌がカサカサ。慌ててロッカールームの鏡をのぞくと頬の皮膚が荒れて赤くなっている。

水ギョーザ急事態!水分補給!お腹も空いたし、帰りに何か食べて帰ろう!けれど夕食には少し早い時間。飲み屋系の店は空いていない。カフェメシではなく、何か元気になるものは…ということで三軒茶屋の「東京餃子樓」に向かったお気楽夫婦。水餃子、焼餃子、もやし、きゅうり、キャベツ(だけ!)などシンプルなメニューながら人気の店。水分補給だと叫びながら生ビールをオーダー。けれど一気に飲んでしまっては身体に悪い。何しろ1週間もアルコールが飲めなかった身体。運動も久しぶりならビールを飲むのも久しぶり。ニラ入り焼餃子2人前、水餃子1人前、きゅうり、キャベツ、もやしというほぼ全てのメニューをつまみにしながらぐびり。うぅ〜ん、旨い。どのメニューもひねりはないけれど、基本の味。

焼ギョーザ餃子、かりかりして美味しいね♬」毎晩のように終電で帰って来る忙しい日々を過ごしているのに、風邪も引かない妻が微笑む。魔女か?「そうなんだよ。ニンニクにも強いとびっきりの魔女だね」それに比べ、気温の変化に付いて行けずに風邪を引き、病み上がりで、汗で水分が大量に失われ弱った肌、そこにアルコールを摂取したオバカでひ弱な私。顔は真っ赤。けれど、たっぷりの餃子で元気になった…気がする。餃子に入っている豚肉のビタミンB1は疲労回復に、ニンニクのアリシンは元気のもと、ニラにもたっぷりビタミンとミネラル。やっぱり元気になった気がする。「水分が出ただけで、ホントに体重が減ったわけじゃないし。ちょっと元気になったら、どうせ暴飲暴食で体重はすぐに戻るよ」と妻の予言。

して、4日後。失われた数日間を取り戻すかのように酒を飲み、体重まで取り戻した私。妻の予言は当たった。やっぱり魔女?

2つのコメントがあります。

  1. hide


    まだ運動出来ませんが運よく体重は増加していません。
    早く動いて美味しいビール飲みたいですw

  2. IGA


    hideさん、お久しぶりです。
    怪我された脚はまだ完治しませんか。お大事に。
    身体を動かなくてもビールは美味しいけど、
    やっぱり流した汗の分だけ美味しさは増す・・・のかな。

コメントする








002159325

SINCE 1.May 2005