今日は炊きたてご飯の日「大かまど飯 寅福」二子玉川

春きゃべつの浅漬けダイコンとジャコのサラダNYC帰りの友人夫妻は、NYC駐在時代から「ご飯の日」と称して、月に何度かたっぷりご飯を食べていた。ご飯をたくさん炊いて、ご飯を美味しく食べるというコンセプトで、明太子、納豆、焼魚などのおかずを整えるのだと言う。毎食たっぷりご飯という訳にはいかなかっただろうNYC時代だけでなく、帰国した今でも友人夫妻は「ご飯の日」を楽しんでいるらしい。それに比べ、自宅でご飯を炊くことなどないお気楽夫婦。炊飯器はあるけれど、使用したのは2年程前。結婚式の引き出物についていたお赤飯の素(餅米と小豆のセット)をいただいて以来。ご飯の日など望むべくもない。

豚のソテー由ははっきりしている。理由のひとつは、妻のパン好き。「ご飯の日はいらないけど、フランスパンの日とか、ベーグルの日とかだったら、良いね♡」とのたまう。節約ゲームを続けているお気楽夫婦。そんな日をわざわざ作らなくても、DEAN & DELUCA をはじめとしたデリを利用し、自宅でパンを食べる日はかなり多くなっている。そして、ふたつめの理由は、私がアル中、いや、酒好きなこと。外食でも、惣菜を買って内メシであっても、選ぶ料理の基準はお酒が美味しく飲めること。自宅で食べる場合は、ビールに合う惣菜で始まり、和食系であれば焼酎に進み、洋食系であればワインに進む。ワインを飲みながらバゲットを齧ることはあっても、焼酎を飲みながらご飯は食べない。つまり、食卓にパンは登場しても、ご飯が登場することはない。

焼き鰈飯が決して嫌いな訳ではない。ちなみに私は、国内のホテルに宿泊した翌朝は、和食と決めている。ほかほかご飯と一緒に、明太子、鰆の西京焼、昆布の佃煮、野沢菜漬けなど、ご飯に合う“おかず”を食べ、ご飯をおかわりまでしてしまう。酒を飲まなくても良い(?)朝なら、むしろ進んでご飯を食べたいのだ。ある夜、そんな私が「ご飯の日」を主張した。向かったのは「大かまど飯 寅福」玉川髙島屋店。早めの時間なら待ち行列ができる人気店。ラストオーダー間際、さすがに空いている店内に案内された2人。カウンタに座り、とりあえずビール(やっぱり飲む)とお茶をお願いし、おかずを選ぶ。春キャベツの浅漬け、ダイコンとジャコのサラダ、豚のソテー、焼魚はカレイを選ぶ。ビールにもご飯にも合う。

おにぎり大かまどゃきしゃき春キャベツ。旨い。野菜が高い今、外で食べた方がむしろお得感あり。ダイコンとジャコのサラダもあっさりさっぱり美味しい。そして甘い脂が美味しい豚のソテー。うん、やっぱりビールと合うね。そしてカレイとは…焼酎のロックをください。「結局飲むんじゃない!」妻は呆れ顔。あ、そうだったね。少しずつおかずを残したまま、おにぎりをオーダー。店の入口に鎮座する大かまどで炊かれたふっくらご飯。正しいご飯の味がする。炊き具合もばっちり、程よい固さ。実に旨い。キャベツの浅漬けもサラダも、焼魚もご飯にぴったり。

味しかったけど、お腹いっぱいだよ」と妻。そうなのだ。小食の2人。NYCの友人夫妻(彼らは酒もたんまり飲む)のように、酒とご飯は両立しない。「やっぱり私はパンが良いかな」う〜む、ご飯はやっぱり朝(昼でも可)に限る。

コメントする








002167924

SINCE 1.May 2005