スペンサーは死なず『プロフェッショナル』ロバート B.パーカー

The ProfessionalRobert B.Parker『The Professional』 2009年11月15日初版発行。日本で刊行された時点では、この本がスペンサー・シリーズ最新刊であり、最終刊であるとは誰も思っていなかった。お気楽夫婦は、いつものように迷わず購入し、翌年のヴァカンスまでページを開くことを封印した。これもいつも通り。読み始めてしまったら、一気に読み通してしまう。それが分かっているから、大切に取っておく。夏に向けて、読みたい本を何冊か溜め込む毎年の習慣。その内の1冊は、確実にスペンサーの最新作だった。そして、2010年1月18日、その楽しみが最後になってしまったことを知った。私より早い時間に会社に向う妻からメールが届いた。i-phoneで新聞のダイジェストを読み、パーカーの訃報を知らせてくれたのだった。

Summer Booksバート B.パーカー、享年77歳。1973年のデビューから、37編ものスペンサーの物語を綴った。決して早過ぎるという年齢でもなく、主人公のスペンサーやスーザンの実年齢も数えるのが怖いぐらい。けれど、いつか最期がやってくるのなら、こんな終わり方が良かったのかもしれない。作者の意思で物語を終えることなく、作者自らの死をもって終えたことで、スペンサーも、スーザンも、ホークも、トニィ・マーカスも、クワークも、ベルソンも、全ての登場人物が永遠の生命を受けた。読者にとって作者からの最後のプレゼント。スペンサーは死なず、終わらぬ物語の中で生き続ける。

Poolside2010年夏のヴァカンスの地シンガポールで、スペンサー・シリーズ最後の作品を読んだ。最終刊となった『プロフェッショナル』には、そんなお馴染みの顔ぶれが揃った。そして、依頼者寄りになれず、加害者であるはずの強請屋の男に好感を抱く最後の物語。最後だと思うからこそ、そんなスペンサーの心情にしんみりとしてしまった。2代目の訳者、加賀山卓朗氏が最後の訳者あとがきに書いている。「作者曰く“スペンサーにはラブ・ライフがあり、背景(コンテクスト)があり、友だちがいる。彼は不幸せではないし、孤独ではない”」パーカーが目指し、離れていったチャンドラーの描くフィリップ・マーロウとの比較だ。真のハードボイルドではなく、ウィットに富み、それを依頼者や敵にさらけ出し、引かれ(相手の冷や汗が行間に見えてくることがある)、そして独りごつ。そんなスペンサーが好きだった。

Poolside-desertも昼も』2010年7月15日初版発行。ジェッシー・ストーン・シリーズ第8作目。これこそ最後の著作と思った作品の訳者あとがきに嬉しいニュースがあった。第9作目が近刊予定だという。サニー・ランドル・シリーズと合わせ、精力的に作品を世に出していたパーカー。『勇気の季節』2010年3月15日に刊行されたヤングアダルト向けの作品も、南の島のプールサイドで読むにはぴったりだった。冷たいウェットタオル、オレンジ、スタッフの笑顔、そして何よりも楽しみにしていた作品。こうしてスペンサーと過ごす、最後の夏が終わった。「ん?旧作を読み返せば良いんじゃない?私は読み返さないけどね」う〜む、そんな妻の発想も悪くない。

*その後、この時点では日本での発刊が未定だった38作目『盗まれた貴婦人』39作目『春雷』が発刊された。

2つのコメントがあります。

  1. 通りすがり


    スペンサーは全作読んでいます。(つい買ってしまうのは悪癖ではないかと思っていました。)
    チャンドラー(マーロウもの)にあってスペンサーにないもの。
    それは「構造・ストラクチャー」だと思われます。
    その有無で「永遠性」と切り離されている。

  2. IGA


    これまた分析ありがとうございます。
    ふ〜む、ソシュール、バルト、フーコーやら
    遠い記憶として思い出すキーワードです。

コメントする








002167917

SINCE 1.May 2005