春よ来い♡ 春子(かすご)の春「鮨 いち伍」

ICHIGO HOTRU-IKAICHIGO HOUBOU年は絶対に砧公園にお花見に行きたいんだ!」スカッシュ仲間の役員秘書から、珍しく意気込んでお誘いがあった。彼女は昨年末に用賀へ引っ越したばかり。まだ砧公園には行ったことがないという。「良いねぇ♡ 一緒に行こう!すご〜く広くて、とっても気持の良い公園だよ♬」とお気楽妻が即答。砧公園は元ゴルフ場。昭和記念公園や新宿御苑と並ぶ2人のお気に入りで、お花見の季節に足が向く公園でもある。では、シャンパンを抱えてアフタヌーンティ、その後に近所で食事をしようか。そんな約束をしたのが土曜日。ちょうどサクラも見頃。けれど、当日は朝からどんより曇り空。予報では夕方に雨模様。残念だけど中止かなぁと呟くと「じゃあ、いち伍に寿司食べに行こう!」妻がすかさず反応する。

ICHIGO KASUGOICHIGO SHIRO-IKA いち伍は、行きつけの寿司屋を探し続けてようやく出会ったご近所の名店。さっそくスカッシュ仲間の役員秘書に連絡をすると「あっ!例の店だね。良いよ♬」と即答。彼女も私のブログの愛読者。話が早い。待ち合わせて夕暮れの街をのんびり歩く。「この先お魚食べられなくなるかもしれないし、今日は寿司が良い感じ」と秘書嬢。う〜む、こんな所まで風評被害予備軍が。「あ〜っ、すっきりして良い感じ。良い店だね」店に入るとすぐにテンションが上がる。感情の体温が低い妻とは好対照。3人並んでカウンタに座りビールとお茶で乾杯。お任せでお願いすると、まずはホタルイカの湯引きが供される。「美味しいぃ♡」まだ時間も早く、他に客もいない。秘書嬢のさらに上がったテンションが静かな店内を柔らかくする。良いスタートだ。

ICHIGO MAGUROICHIGO OTOROっ?これ何だろう、美味しい。でも食べたことない」「ホウボウです」秘書嬢に短く答える店のご主人。「これ、もうひとつくださいっ!」それはちょっと早いと思うよ、最後まで一通り食べて、一番美味しかったものを頼んだら?「うん、分かった。あぁ〜、これも美味しいっ」「カスゴの昆布ジメです。タイの稚魚ですね。春の子って書いて…」昆布ジメは妻の大好物。思わず笑みが零れる春の味。「何だか名前も親しみが湧くし、何て言うんだっけ、あの丁寧に準備して…」もしかして“仕事がしてある”って言いたい?「そうそう、それっ。どれもきちんと仕事がしてあって、素晴らしいね♡」良かった。もう、すっかり元気だ。彼女はずっと苦しい恋をしていた。迷う度に、何度も妻に相談のメールや電話があった。そして、ようやく決断をした。そんなタイミングでのお花見だった。

ICHIGO NIHAMAICHIGO SHIGOTOクラはお寿司に変わったけれど、その日の趣旨通りに楽しい場だ。彼女の表情もすっきりとしている。「煮ハマ取っておきました」口数の少ないご主人が告げ、ふっくらとした煮ハマグリが黒漆の鮨台に乗せられる。ふふっ、煮ハマ好きを覚えていてくれた。彼の精一杯の表現。うっ!旨いっ。う〜ん、幸せだぁ♡その後も、赤身、中トロ、大トロの食べ比べ、コハダなど口福の味が続く。「この店は凄いよ」と秘書嬢が絶賛。仕事の関係もあって、銀座辺りの寿司屋で食べ慣れてはいるだろうけれど、自腹で美味しいモノを食べるのは格別だよね。決してアルコールに強くはない彼女のビールが飲み干され、好んで飲む梅酒まで飲み進んだ。苦しい恋を止めたら、寿司も酒も美味しいに違いない。

〜んぶ美味しかったけど、もうひとつ食べるとしたら、やっぱり最初のやつかな」ん、ほうぼう?「それっ!」…やはり人の好みは変わらないのかもしれない。最後に彼女はほうぼうを、妻は春子の昆布ジメ、そして私は煮ハマを頬張る。それにしても、新しい春が来ると良いね。けれど、また苦しい恋を選ばないよう祈ってるよ。「分かった!」と微笑む彼女の笑顔に迷いはなさそうだ。心から祈る。被災した全ての人に、そして彼女に、暖かな春よ、本当の春よ、来い!

■食いしん坊夫婦の御用達 「鮨 いち伍」

コメントする








002167915

SINCE 1.May 2005