誰と一緒に?「ボストンの歩き方」

BeaconHillBeaconHill2シントンに住む友人、“マダム”を訪ねた旅。ワシントンでの食事などのアレンジメントは全て彼女にお任せ。そして旅の後半、共に旅するボストンは任せておいて!と街の案内を引き受けた。とは言え、1999年に訪問して以来2度目のボストン。街は変わっていないだろうか。アメリカで最も古い歴史を誇る街に、そんな不安は全くの杞憂だった。ホテルにチェックイン後、街の散策に出かける。アメリカ最古の公園であるボストンコモンを抜け、ビーコンヒルを歩く。18〜19世紀に建てられたレンガ造りの街並は、どこにカメラを向けても絵になる高級住宅街。「ステキぃ♡」初めてボストンを訪れるというマダムも、2度目のお気楽妻も優雅な風景に収まりご満悦。

FlowerShop&Carーコンヒルは名前の通り、坂道の多い丘の街。その坂の街をのんびり歩く。青い空とレンガ色の壁、街路樹の緑を眺めているだけで幸福な気分になる。エレガントで豪奢な街並の午後は、通る車や人も少ない。喧噪とは無縁の街を歩いていると、現実からはみ出てしまい物語の世界にでも迷い込んだ気分になる。あぁ〜、旅に出ているんだというしみじみ感が溢れる。2人の奥さまはと言えば、坂道を下りる途中でオシャレな花屋と出会っては微笑み、通りで可愛いチョコレートショップを見つけるとすかさずプレゼントを探す。この街には、どうやら女子力をアップさせる効能があるらしい。

BeaconHill4CharlesRiverーコンヒルからチャールズ川沿いの遊歩道に向う。ヨットのセールが川面に映える。カヌーが行き交う。遊歩道を走る人、犬を連れて散歩するカップル、日光浴をしながら読書をする女性。遠くにロングフェロー橋を渡る電車が見える。市街地のすぐ傍らに豊かな自然が寄り添い、人々がその風景の中で伸びやかに暮す。お気楽夫婦が大好きな風景だ。初めてこの街を訪ねた際に、この風景に一目惚れ。老後に住んでみたい街のひとつになった。再びこの風景を眺めたかった。そして13年を経ても、同じだけ歳をとったはずなのに、その風景は色褪せていなかった。

ShoppingShopping2ックベイを歩く。ビーコンヒルの土地を削り、チャールズ川沿いに埋め立てられて出来上がった街。ボストンコモンに続くパブリックガーデンから西に、Arlington、Berkeley、Clrendonと、ABC順に通りの名前が付けられている。ブランドショップが並ぶファッショナブルな通りを、2人の奥さまが仲の良い姉妹のように話し続け、寄り添って歩く。この旅の間ずっと、お気楽妻は実に楽しそうに良く笑っている。とは言え、ずっと歩きづめ。疲れた?と尋ねると、声を揃えて「疲れた!」と返ってくる。街の風景を飽かず眺めながら、うっかり長い距離を歩き続けてしまう。困った程に魅力的な街だ。では、この街を高いところから眺めてみようか。

BostonOverView面ガラス張りのハンコックセンターに続く高さのプルデンシャルセンターの50階に、ボストンの街を360度見渡せる展望フロアがある。その日歩き続けたルートを見下ろす。右奥の緑がボストンコモン、その左がビーコンヒル、チャールズ川には白いセールが点々と浮かび、手前にはバックベイの街並が整然と佇む。チャールズ川の向こう岸は、ハーバード大学やMITがあるケンブリッジの街。翌日訪れる予定の“グリーンモンスター”や、ボストン美術館も見える。

い街だねぇ。さすがIGAちゃんおススメの街だよ」紅葉の秋も良いらしいよ。「うん、今度は主人を連れて来ようかな」確かにデートコースとしてもおススメの街。「そっかぁ。そしたら若いボーイフレンド見つけて、連れて来た方が良いかな♡」それもまた、おススメ?

コメントする








002159323

SINCE 1.May 2005