35年目のサザン♬「SAS SUPER SUMMER LIVE 2013」

DatenoGyutanGyutanザンのチケットあるけど、誰か一緒に行かない?」スカッシュ仲間のFacebookへの書込みを読んですぐに、行きたい!と連絡をした。とは言え、会場は宮城スタジアム。既に公演の2週間前。当日の宿も、新幹線も手配しなければ。「ノーアイディアでした」と、のんびりモードの肉好きカップル。では!と2人に代わって会場までのバスや新幹線のチケットを手配。ダンドリは任せて!のお気楽夫婦。一足先に仙台入り。前日に石巻を訪ね、仙台在住の友人と楽しく飲んだ。そして公演当日、「伊達の牛たん本舗」でランチの待ち合わせ。周囲はSAS公演Tシャツを着たファンでいっぱい。「街中にサザンファンが溢れてますよ」当日のホテルが予約できないはずだ。ともあれ、久しぶりの、妻にとっては初のSASライブに向けテンションが高まる。

SASHirobaめに向かった会場は既にファンでいっぱい。グッズを買うのに1時間待ちと聞いて諦めるほど。並ばずに買えるポンチョとCDをゲット。空模様が気になるだけに雨対策にもなる。会場で指定券を受取ると、なんとアリーナ前方中央寄りブロックの最前列。席の前には広い通路。観やすく動きやすい席。素晴らしい。それぞれの椅子には大きめの腕時計大の謎のグッズ。これが後ほど良い仕事をすることになる。間もなく開演というアナウンスの声に、大きな拍手。おぉ〜という地鳴りのような声と共に、スタンドからウェーブが起きる。1周廻ってアリーナにも波は及び、2周、3周と大きな波が続く。一段と高まる興奮。会場全ての観客が一体感に包まれる。だからライブはステキだ。

PonchoGspotテージにサザン登場。巨大なスクリーンに桑田圭介がアップになる。1曲目の前奏が始る。『YaYa(あの時代を忘れない)』。うぉー!という会場の声。「胸に残ぉるぅ〜♬」最初の一声で、あぁ、桑田さんの声だ!と、目の前で本人が歌っているのに、嬉しく不思議な思いが込み上げてくる。ついでになぜか目が潤んで来る。1982年発売のこの曲は、翌年から始まった『ふぞろいの林檎たち』で挿入曲としても使われた。ちょうど大学を卒業し、社会人になった頃。2曲目『My Foreplay Music』。前妻と出会った1981年発売。「見つめ合って髪にTouchぅおぉおっ♬」。スクリーンに映し出される歌詞を見ずに、一緒に歌うことができる嬉しさ。「両手で君の背にScrachぅおぉおっ♬」。13曲目のシングル『栞のテーマ』のB面。どちらも好きな曲だ。

CMCDぁららぁららぁらららぁ〜♬」会場全体が大合唱。3曲目は『勝手にシンドバット』。サザンがデビューした1978年に大学に入学。1979年夏、江ノ島のヨットハーバーで開催された『JAPAN JAM 1979(サザン以外にハート、ビーチボーイズなどが出演)』に当時好きだった女の子と出かけた。6曲目『涙のキッス』は1992年の発売。サザン初のミリオンセラー。お気楽妻と出会った頃。28曲目『マンピーのG★SPOT』が発売された1995年、お気楽妻との生活が始った。サザンはいつも傍らにいた。そしてその頃の記憶に強く結びついている。続いてアンコール1曲目は、宮城公演スペシャル曲『青葉城恋唄』、アンコール3曲目『Pacific Hotel』で会場大盛り上がり。MCが続いている間に、残念ながら席を立つ。何しろ当日中に帰らないと、野宿かカラオケBOX朝までサザン縛り!の運命の4人。急いで仙台行きのシャトルバス乗り場に向かう。

泣かせたこともぉある♪急ぎ足で会場を出ると、アンコール4曲目『いとしのエリー』が聞こえてくる。「エリ〜マイラァブソォスィート♫」大声で歌いながら歩いて行くと、花火が夜空を照らす。最後の曲『希望の轍』を聞きながら出発。♬夢を乗せて走る車道 明日への旅 通り過ぎる街の色 思い出の日々… Let me run for today ♫:今日のために走ろう…。エンディングを飾る良い歌詞だ。3時間余りのライブは、新旧の楽曲が実に良いバランス。嬉しい選曲だった。35年間の彼らの活動と楽曲と観客の記憶。復興のために節目節目で東北でライブを行ってきた桑田さんの思い。実は、この会場だからサザンのライブに行ってみたかった。ずっと被災地を訪ねたいと思いながら実現できなかった。そのきっかけにしたかった。そして思いは叶った。そんないろいろな思いが詰まった、実に良いライブだった。

*かつてサザンを取り上げたブログ記事を併せてご紹介♫

・「重大過ぎる発表 サザン活動休止」2008年5月24日

・「27年目のSAS KILLER STREET」2005年10月10日

3つのコメントがあります。

  1. Lapith


    え?行ったんすかぁ?
    実は私も「急にいけなくなった、行かない?」のお誘いが。
    さぁ!出発♪って気分になったところに「スミマセン、行けることになりました^^;」
    ドタキャンならぬドタカムバック?
    店でWOWOWライブ録りながら歌ってました。
    いーなー。
    震災復興ライブやイベントはいろいろあるけど
    桑田さんのスタンスがいちばんしっくりくる、気がする。
    たまたま最強のふたりを観たばっかり、ってのもありますが。
    普段着のフォロー、が心地よいです。

  2. キク


    いがいが…、以前にも桑田さんのことを書いたブログがあるよ‼とおしえてくれましたよね。サザン関連ブログ…さっそく読ませていただきました。コンサートのときと同様に、ウルウル…です。
    私の人生にもいつも桑田さんの存在がありました。5歳上のアニキの部屋から流れていたサザンの曲…何時の間にかハマっていました。
    ちなみに私のイチオシは…ミス・ブランニューディ

  3. IGA


    Lapithさん、キクちゃん、コメントありがとう♫
    やっぱりサザンに関しては、人それぞれの思いや記憶がたっぷり詰まってますね。長く聴き続けたいというよりは、間違いなく一生の間ずっと聴き続けるだろうアーティストですよね。

コメントする








001792291

SINCE 1.May 2005