要注意!中毒性あり〼。「萬来軒」

Oyster来軒に行きたいです!」スカッシュ仲間の小顔美女のリクエストが入った。この夏、同じくスカッシュ仲間の役員秘書から同様のオーダーがあり、小顔美女も一緒に初訪問。すっかり気に入っていただき、すぐにご両親と再訪したという。30年近く通っている地元の名店。美味しいと言ってもらえれば我がことのように嬉しい。そこである週末、仲間たちを誘って萬来軒に向かった。「あれぇ、予約今日だっけ?」とオバちゃんに迎えられる。げっ!間違えた?店はまだ早い時間だというのに、テーブルひとつを残し既に満席。瞬間、では他のどの店にしようかと逡巡。「あぁ、ごめん、ごめん。他のお客さんと間違えちゃった。再来週も予約入ってたわよね」ふぅ。相変わらずのオバちゃんのすっとぼけ振りが良い。まずは安心してビールで乾杯。

Mabo川水餃子などの定番メニューを堪能し、飲物はビールから瓶出し紹興酒へ。この紹興酒がまた絶品。常温でその風味を堪能。そこに牡蛎の甘辛炒めが登場。「うわっ!美味しいぃ〜っ♬」小さな悲鳴のような感嘆の声が上がる。生唐辛子の辛味、牡蛎の甘みと旨味、そして酸味などの複雑な味の組合せ。それが皿の上で一体となり、実に繊細かつ絶妙なハーモニーを奏でる。言うことなしの味。「ひとり2ヶにしとくね」とオーダーの際にオバちゃんに言われた時、いや3ヶ、いやいや4ヶに!とお願いするんだったと後悔。またすぐに食べに来たくなる味。そしていつもの通りに四川麻婆豆腐。この中国山椒がピリリと利いた痺れる味が病み付きになる一皿。ご飯との相性も抜群。「癖になる味だよね」「そうそう、ふっと食べたくなるの」感想は全員一致。

Okoge海ガニに代わって登場したのは五目おこげ。この季節、例年なら皆で集まって上海ガニを楽しむのが恒例。けれど、事前調査と称して萬来軒を訪ねた際に、「今年はものすごく高くてねぇ。中国の空気や水も汚染されてっから、どうしようかと思ってねぇ」と厨房担当のオジちゃんのコメント。だったら今年は諦めて他の料理で楽しもう!という趣向。かりっと揚がったおこげに、熱々の餡を掛けるジュッ、ジュワ〜ッという音が食欲を刺激し、目でも香りでも場を盛り上がる一品。「これも美味しい♫この店は久しぶりだから楽しみにしてたんだぁ」と、アスリート系女子もご満悦。

Banraiken日はどうだったですか」調理も一段落。一息入れたオジちゃんが席に来てくれた。「今日も美味しかったです♬」好き嫌い選手権に出場したら敗戦確実の、食べられない物が多い銭湯のお嬢様が笑顔で答える。四川料理などの刺激の強いモノは苦手かと思いきや、夏に続く連続参戦。「辛いもの大好きですぅ。でも貝はダメ、牡蛎は大好き♡」彼女の好き嫌いは法則性がないことを一同納得。そんな彼女をも虜にするオジちゃんの絶妙な料理は、どうやら中毒性があることが明確になった。そしてオジちゃんを囲んで記念撮影。メンバー全員が満足の笑顔。

していつものように、2次会は「BAR808」へ。おつまみはご近所の名パティシエ、マコちゃんのチーズクッキー。飲み足りないメンバーはワインを、その他のメンバーはコーヒーを。どちらにも良く合う、上品でいて濃厚な味と香り。これまた中毒性あり。年に数度、こうしてご近所の絶品中華、絶品スイーツを味わうために集まる仲間がいる。こんな場もまた嬉しい中毒性があるのかもしれない。

コメントする








001570609

SINCE 1.May 2005