中華三昧の日々「第二夜:状元樓 自由が丘店」

yamamoto由が丘の物件は契約の見通しとなりました。IGAさん、ありがとうございました。やったぁ〜!」フットケア店のオーナーから、そんな嬉しいメッセージが届いた。だったら祝杯だ。自由が丘で飲みましょう!と返信。さっそく予約したのは、中華街にある「状元樓」の自由が丘店。お祝いの乾杯をするのに相応しい上海料理の名店だ。おめでとうございます!自由が丘へようこそ!と嬉しい乾杯。満面の笑みが零れるオーナー。「ホントに厳しい条件だったんですけど、店のロゴを作り直して大家さんに見せたら、頑張ったじゃないか、これで姉に説明しやすくなったよって言われて。窓口になった建築士さんのお姉さんが大家さんだったんですね。結果的には良い人でした」そんなエピソードも契約できる今となれば笑い話。良かった良かった。

Asparaめでたいということで、前菜盛合せの後にオーダーしたのは、「五福小籠包」という五色の小籠包、さらに「上海蟹入り小籠包」、「大海老とアスパラガスの蟹味噌炒め」という豪華に上海蟹を使った料理。素材の味を活かした上品な味付けや、逆に甘めで濃厚な味付けは上海料理の特徴。「どれも美味しいですね」と嬉しそうなオーナー。嬉しさは何よりの美味だろう。とは言え、確かに安心の美味しさ。甕出し紹興酒を飲みつつ、何軒かハシゴして自由が丘の夜を案内しますよと提案。「良いですね!行きましょう!」とノリノリ。そこに支配人がご飯か麺でもとオススメに登場。自由が丘へ支店を出すのだとオーナーを紹介し、この後何軒か自由が丘の店をご案内するのだと伝えると、お見送りの際「行ってらっしゃい」と笑顔で送られる。さすが。

spayside2軒目に向かったのは、状元樓から歩いて数十秒の「スペイサイドウェイ」というシングルモルトのバー。薄暗い店に入るとカウンターの奥にシングルモルトの瓶がずらりと並ぶ。壮観で荘厳な眺め。京都の三十三間堂に並ぶ仏像のように、1本1本が美しく妖しく輝く。仏像を守る僧侶のような店主に、余りウィスキーには詳しくないというオーナーにオススメの1杯をお願いすると、恭しくやってきたのは「The TEN」というシングルモルトのロック。「ラ・メゾン・ドュ・ウィスキー」というフランスに拠点を置くウィスキーショップの企画で、初心者向けに作られたアイラのシングルモルトだという。なるほど、ぴったり。私のラフロイグ、妻のガス入りウォーターで、再度乾杯。丁寧に丸く削られた氷を弄びながら、ぐびり。ん、これも自由が丘。

IMG_8909軒目は、熊野神社近くのカラオケスナック。転けたら骨折は必須という急な階段を登り、雑居ビルの3階へ。「実はカラオケ大好きなんです♬」とさっそくマイクを握るオーナー。ん、巧い。確かに歌いこんでる。ママにオーナーを紹介し、自由が丘に支店を出すのだと伝えると、「頑張ってね。商売は大変だけど、良い街よ」とエールを送ってくれる。「あら、この歌好きよ♡」とオーナーの歌う曲を口ずさみ、遠慮がちに一緒に歌い始める。ん、良い感じ。こんなワカモノの曲も知ってるんだぁ。さすが。「あれ?これ庄内弁?」飲まない冷静な妻が、店の壁に貼ってある似顔絵の吹き出しに目を留めた。「そう、酒田出身なんです」とママさん。「あら、彼は鶴岡ですよ」「あれ〜、びっくり!珍しいね」と喜ぶママさんとおもわず握手&ハグ。

日はありがとうございました。また飲みすぎてしまいました。中華美味しかったです。楽しいお店も紹介いただき、ありがとうございました」さっそくオーナーから丁寧なメッセージ。今まではフットケア店の客と施術師という関係だったけれど、これからは自由が丘の仕事仲間にもなる。商店街にも加盟いただけるとのことでもあり、ますます身近な関係になりそうだ。またぜひご一緒に!

2つのコメントがあります。

  1. yamamo


    今日はワガママ言ってすみません!

    キープボルトをまた空けに行きたいです

  2. IGA


    yamamoさん、あの写真は門外不出にしておきます♬
    また一緒に飲みすぎましょう(^^)

コメントする








002159325

SINCE 1.May 2005