中華料理三昧の日々「第一夜:天天厨房」

tenten1tenten2華料理好きのお気楽夫婦は、数日なら(例えば香港滞在6日間)毎晩中華料理でもOK。それはすごいねと言われることもあるけれど、「中華料理」と大きく括っているから、「日本料理」が好きと同意。毎日和食と言うなら誰も疑問は湧かないはず。中華料理も幅広く、各地方の料理はそれぞれ進化し、融合し合い、洗練されてきている。日本においても、北京、広東、上海、台湾ときちんとカテゴリが分けられつつあり、店毎に特色ある料理を出す店が増えている。だから毎日中華でも飽きずに楽しめる環境は整ってきたと言える。中華好きのお気楽夫婦にとっては嬉しい限り。そんな2人が、ある週末偶然にも3日間連続で中華!ということになった。初日は、台湾料理「天天厨房」だ。

tenten3tenten4湾料理と言えば、渋谷の老舗「麗郷」「台南担仔麺」(今は渋谷に店はなくなり、水道橋店しかなくなったが)など、お気楽夫婦の大好物。特にパクチーをたっぷり使った料理が多く、パクチー好きの2人は、中国では香菜(シャンツァイ)と呼ばれるパクチーだけ追加でオーダーしていた。2年ほど前に、ご近所に開店したこの店「天天厨房」のシェフは、かの「パクチーハウス」のシェフを務めたということで、パクチー好きにとっては嬉しいメニューが多い。店の名前の「天天」は「毎日」という意味。毎日食べても身体に良いものを提供するというのが店のコンセプト。また、紹興酒はもちろん、日本酒の品揃えも多く、飲み比べ利き酒3種というメニューも嬉しい。

tenten5tenten6ビールの後は、その日も紹興酒の利き酒セット。3年、5年、8年の香りも味わいも違う黄金色の酒を味わいつつ、3種の前菜盛り合わせ。その日は、パクチーがたっぷりの干し豆腐香味野菜和え、半熟ピータン豆腐、鶏胸肉とパクチーの麻辣和えというラインナップ。旨し。「今日は酔っ払い海老がありますが、いかがですか」シェフからそんなオススメ。もちろんいただきます♬活きた車海老を紹興酒に漬け込む酔っ払い海老は、ねっとりと甘く香りたつ一品。頭と尻尾を除いて殻も剥いてあり、食べやすく、頭を咥えてちゅるっと味噌を吸い込む。ふふふ。旨いに決まってる。さらに、季節野菜のパクチーサラダ。どんだけパクチー好きなんだ。NO PAXI NO LIFE。

tenten7tenten8湾料理の醍醐味は、屋台料理にもある。例えば、「牡蠣と旬野菜のオムレツ」、麗郷名物でもある「台湾腸詰」そして、「魯肉(ルーロー)飯」や「汁ビーフン」など、お馴染みの料理がメニューが並ぶ。その日は残念ながら麺が品切れとのことで、オムレツとルーロー飯。そしてオススメの日本酒、長野の「麻輝(あさき)」をいただく。ふくよかジューシーな牡蠣がたっぷり入った、ふかふか美味しいオムレツ、旨し。そして小食な2人が頑張って辿り着いた炭水化物、タレが浸みたルーロー飯が実に美味しい。小さなポーションで取り分けてくれたから、あっという間にぱくりといただく。もちろんご飯の上にはこんもりとパクチー。くぅ〜っ、〆まで幸福なパクパクパクチー♡

た来まぁ〜す♬すぐに来まぁ〜す」かなり気に入った様子の妻が、珍しくテンション高く挨拶をする。季節の新鮮な食材を活かした、とっても素直な台湾料理。カウンタ席がほとんどで、テーブル席は1つだけの小さな店だけど、そんなこぢんまりとした店だから、いい意味でシェフとの距離が近く、親しみやすく心地よい空間だ。確かに妻好み。酒の種類が多いのは私好み。こうして2人のお気に入りの店がまたひとつ♬

コメントする








002159325

SINCE 1.May 2005