中華三昧の日々は愉し♬「第三夜:萬来軒」

Banraiken1Banraiken3華三昧の日々の掉尾を飾る店「萬来軒」は、ずいぶん前から予約をしていた。お気楽夫婦が住む世田谷の端っこの街の、見た目はそっけない中華料理店。けれども、週末は常連客を中心に席が埋まり、予約なしでは店に入れない場合もある。某大手中華レストランのスタッフたちも毎年忘年会を開催するという、隠れた四川料理の名店だ。友人たちと一緒に大勢で出かけたその日のお目当は「上海蟹」。この季節になると2人で食べに出かけ、今年は仕入れる?(去年は高いから仕入れないとの判断だった)と厨房のおぢちゃんに声をかけ、おばちゃんに相談し、仲間たちに声を掛けると、「行く!」「食べたい!」との声に開催が決定。楽しみにしていたその日がやって来た。

Banraiken2Banraiken4白肉(ウンパイロー)や白菜の甘酢漬けをツマミに、持ち込んだスパークリングワインで乾杯。*ちなみにグラスも持参。辛辛旨旨。優しい味の海鮮春巻きで舌を休めたところで甕出し紹興酒。そして待望の蒸蟹(上海蟹の姿蒸し)が大皿に乗って登場。おぉ〜っと歓声が上がる。メスがにの内子のオレンジが食欲を誘う。妻が用意してきたおしぼりを配り、各自自宅から持参せよ!との指示通りにキッチンバサミを取り出す。1人1杯。剥いては食べる、全部剥いてから一気に食べる、性格が現れる食べ方。お気楽夫婦は共同作業で全てを取り出す。蟹味噌と内子と淡白な身を合わせ、口に運ぶ。ねっとり甘く、生姜醤油でさっぱり旨し!秋の幸福。〆は山椒が効いた麻婆豆腐で汗ダラダラ。

SasageMInaBAR808」へ移動した後は、仲間の1人酒豪女子の誕生日、お気楽夫婦の結婚記念日をお祝い。ケーキを買うということ以外、事前に何の取り決めもなく、ぶっつけ本番のパーティ。なのに、それぞれが用意した手作りプレゼントあり、バニーの耳あり、ハロウィンクッキーあり、花束ありの大にぎわい♬ケーキはご近所の名店「Yu Sasage」のシャインマスカットのケーキ。これが軽やかな甘さで絶品。「この店は、焼き菓子よりケーキの方がずっと美味しいね」スイーツ番長の役員秘書も絶賛。彼女の作った(飲んだのは元々酒豪女子)ワインのコルク製ポッドスタンドに感激する酒豪女子。バニーの耳が良く似合う彼女もテンション高く、満面の笑顔。何だか楽しいぞ。

Party1Party2んなで写真撮ろう!」被り物が全く似合わない自信がある私は、蝶ネクタイ。試しに被ってみたものの、仲間の「・・・」の反応に即座に外す。妙にバニー耳が似合っているのに、「写真は公開しないでください!建築家生命が絶たれます」と懇願する建築家。*ご要望の通り画像は門外不出。全員が写った画像は加工済み。猫耳の役員秘書も、バニーのアスリート女子も、『魔女の宅急便』のキキのようなデカリボンの妻も、羨ましいほどお似合い。それぞれがバニーや猫耳を付けたまま、それから飲み直したワインも、愉しく美味しい味になった。気のおけない仲間たちが集い、ワイワイと中華料理のテーブルを囲み、(被り物付きで)美味しい酒を飲む、幸福な夜だ。

日も中華行く?」そんな日の翌日、真顔で尋ねる妻。気持ちは分かる。初日の台湾料理、2日目の上海料理、3日目の四川料理と上海蟹、確かにそれぞれが美味しく楽しい3日間だった。これから馴染みになれそうなお気に入りの店、今後もお祝いや接待でお世話になるだろう店、そして仲間たちと楽しむ店。どれも2人にとって大切な店、そして仲間たち。「次は京都かな?」え?妻が不敵に微笑んだ。

コメントする








002167914

SINCE 1.May 2005