この場所で♡「Park Hyatt Tokyo / New York Bar」

ParkHyatt2000年10月20日、お気楽夫婦はこの場所で正式に結婚生活をスタートした。オトナの事情で入籍できないことを知っていた友人たちは、(やっとか!と)喜んで集まってくれた。会場に選んだホテルは、2人にとって大切な場所だった。何か良いことがあった時、最上階にあるバーで乾杯をした。遠くに旅行ができず、それでも旅の気分を味わいたい時に、ゼータク気分でこのホテルに宿泊した。いわば2人のハレの場所だった。そのホテル、パークハイアット東京が開業した年、1994年から2人で一緒に住み始め、すでに6年以上経っていた。開業早々に訪れたバーでは混乱を極めていた。おそらく世界各地からやって来た応援のスタッフの数だけはたくさんいるのに、リレーションが上手くいかず、オーダーしたドリンクがなかなかやって来なかった。気だけ焦ったスタッフがオタオタとしていた。ちょうどその頃の2人のように。

ParkHyatt2NYバーに向かうルートは複雑。エレベータを降り、写真パネルが印象的なジランドールを横目に、絶妙な配置の照明が美しいライブラリーを通り、最上階に向かうエレベータに乗り換える。この時点で、既にワクワク感がかなり高まっている。そして52階に到着し、エレベータを降りる瞬間が、最初に訪れた時からずっと好きだった。仄暗い照明の向こうに、室内の照明より明るく輝く高層ビル群の夜景が足元に広がり、そのまますぅ〜っと空中を浮遊して歩いて行けそうな空間に足を踏み出す。「ご利用はバーですか、レストランですか」とスタッフに尋ねられるまで、足元の眺めに見とれ、立ち止まってしまう。これは毎回のこと。バーの利用だと告げ、案内された席はピアノのすぐ後ろ、都心のスカイスクレーパーを従える、窓際の絶好のポジション。煌めく景色を眺めながら、あの日にもこんな夜景を見せたかったねと語り合う。

ParkHyatt315年前のパーティの夜は雨だった。雨に煙る摩天楼…どころか、パーティ会場から外の景色は全く見えなかった。せっかく夜景を楽しんでもらおうと、窓のある宴会場にしたのに。それが唯一の心残り。それ以外はとても温かく、友人たちだけの(来賓や友人の挨拶もない)こぢんまりとしてリラックスした、料理もお酒も(ずっとシャンパンを飲み続けた友人たち)申し分のない、ずっと記憶に残る、嬉しいパーティだった。そんなことを思い出しながら、記念すべき結婚生活スタートの場所で、2人で乾杯。この店は2次会で来たんだった、大勢でピアノの近くの席に陣取って、誰かがお祝いの曲をリクエストして、などと15年前の記憶が蘇る。その日もジャズトリオがスタンダードナンバーを奏で、女性ヴォーカルが軽やかに歌う。周囲を見回すと、ほとんど日本人(アジア系)客の姿はなく、店名の通りNYCのバーにいるような錯覚に陥る。

ParkHyatt5NYバーが、やっぱり一番好きなバーかな」そんなゼータクなことを呟きながら、お気楽妻が穏やかに微笑む。ライブが終わっても、適度にザワザワとした空気が残り、イケメン揃いのスタッフたちがテーブルの間を流れるように動き、実に絶妙なタイミングで、嫌味なくドリンクのお代わりを勧めてくれる。高級ホテルのサービスにありがちな慇懃無礼な態度はなく、言葉遣いも適度にフレンドリー。妻はこの距離感が心地良いのだと言う。当然のことながら、開業早々のばたつき感はなく、(上から目線で恐縮ながら)落ち着いた良いバーになった。21年の歳月がお気楽夫婦にも同じように流れ、当時のバタバタ(あったのだ)はなく、穏やかに乾杯できる関係になった。周囲の人たちに心配と迷惑を掛け、何を失っても良いなどと嘯いていた。若かったのだ。そんなかつての自分たちを、温かい目で眺められるようになった2人。

生日はやっぱりパークハイアットが良いかな」毎年(私の!)誕生日に、お祝いと称して友人たちを招き、都内のホテルに宿泊するのが恒例になった。来年のターゲットは、確か大手町に開業したアジア系ラグジュアリーホテルを狙っていたはずが、久しぶりにこのお気に入りホテルの魅力に触れ、どうやら惚れ直したらしい。まぁ、それも良し。来年の誕生日は、2人のスタート地点のこの場所で♬

コメントする








002159325

SINCE 1.May 2005