姉妹店訪問♬「ビストロ178(独断で命名!)」

Ina1Ina2都心にほど近い、複数の大学が近接する住宅街に、新しいビストロが開店した。店の名前は「ビストロ178」(勝手に命名)という、名前から分かる通り「ビストロ808」の姉妹店だ。店主はワイン好きのご夫妻。加えて、ビストロ808来店最多記録を現在も更新中のお2人でもある。建物が完成したのは昨年秋だったが、開店準備に時間がかかったらしく、ようやく待望の初訪問となった。同じ敷地内に親姉弟の3世帯が住まう、羨ましい環境の中、ビストロ178は公道に面した立地。隣家の弟邸の前にはビストロ専用のハーブガーデン。店のエントランスホールにはワインの木箱が大量に積まれ、2階にある店の気配を感じさせる。ワイン好きではなくても、ワクワクさせる演出だ。

Ina3Ina4先にやってます」「いらっしゃ〜い♬」先日ビストロ808を訪ねていただいたご夫婦が先着。ご機嫌にグラスを傾けていた。「いい店だねぇ〜」お気楽妻が感嘆の声をあげる。吹き抜けの高い天井、テラスに続く大きな窓、階下との境には大きなガラス扉、アイランド型の大きなオープンキッチン、明るくぴかぴかに清潔な店内は清々しい。そして書棚にはワイン関連本、飾られているのはヴィンテージ(?)のエチケットコレクション。どこまでワイン好きな店主なんだ。さっそくお店の開店を祝って、冷え冷えの白ワインで乾杯。さっそく供されたのは見目麗しいタパス。「へへ、これ見ながら作ったんだ」とシェフの奥様が美しい写真満載のネタ元の料理本を差し出す。かわいい。

Ina5Ina6祭スパークリングって呑んだことありますか」ワイン好きの店主には珍しいメニュー。自家製のピクルスと一緒に美味しくいただく。続いて、トリュフ塩を味わうグリーンアスパラ。絶妙な茹で加減。んまい!褒めると店主が満足そうに頷く。カラフルな野菜サラダには、開店祝いにお気楽夫婦が持参した山形産のスパークリングワイン。さらには満面笑顔のシェフが、アクアパッツアになる宿命の大きなホウボウを持ってやって来る。「オオゼキで680円だったのぉ〜♬」食材調達の店と価格まで開示する良心的な店なのだ。自慢の新鮮なハーブを散らしたアクアパッツアは、絶品。ホクホクとほぐれる身をアサリの出汁が利いたスープに浸していただく。実に旨い。ワインがススム。

Ina7Ina8IGAさん、泡盛も飲むって言うから持ってきたわよ。飲み残したら持って帰ってね」沖縄旅行から帰ってきたばかりというご夫妻(妻)が勧めてくれたのは、「花酒 与那国」。なんと60度の泡盛。ん〜っ、んまい、けれど危険な香り。とろーりと甘い液体をぐびり。ん、うんまい。…気が付けば、半ば夢の中。眠りに落ちたり目覚めたり、夢と現実の狭間を漂い、うっかり船を漕ぎ、慌てて目覚める。「さあっ、帰るよ!」妻に起こされ帰り支度。愉しく美味しい時間だった。明るい時間から飲み始め、すっかり閉店の時間まで居座った。細部まで店主のこだわりを感じる店の設え。マンションの一室であるビストロ808とは違い、ゆったりとした時間と空間が流れる居心地の良い店だ。

日はご来店いただきありがとうございます。ホストなのにまた酔っ払い(そうか、彼女もウトウトと寝ていたのだった)、失礼いたしました。これからも酒のつまみの作り方、勉強しますので、またいらしてくださいね♡」翌日、シェフから嬉しいメッセージが届いた。もちろん、お伺いさせていただきます。温かく、楽しく、美味しさと笑いに溢れた「ビストロ178」も不定期で営業中。

コメントする








001790199

SINCE 1.May 2005