優雅に満腹♡ホリデーランチ♬「中国飯店 富麗華」

Fureika1Fureika2麗華?行きたい!行きたぁ〜い!予約はいつも取ってるんだけど、行ったことないんだぁ」スカッシュ仲間の役員秘書を誘うと、すぐにそんな返事が返ってきた。担当する役員が接待の場として良く指定するから、どんなに美味しい店なのかと興味津々だったのだという。ところがさすがの人気店、予約が取れる日とスケジュールが合わず断念。去年の上海蟹の頃のことだった。そして再びチャレンジ。スカッシュレッスンがお休みの週末、ホリデーランチに友人たちをお誘いした。席に着くなり、上品なテーブルセッティングに「きゃぁ〜っ!お皿もステキ♡」と役員秘書のテンションが上がる。おしぼりもふわふわ。肌触りの良さに、オヤジは思わず顔を拭きたくなる。拭いたけど。

Fureika3Fureika4んだメニューは「飲茶コース」。3種類の中から選べるポットのお茶、前菜3種からスタート。焼物、くらげ、キュウリのXO醬掛けはビールにぴったり。日中から飲むビールが美味しいことは言うまでもない。続いて、香港点心の五種盛り。「あ、失礼いたしました。こちらでした」全員が同じメニューのはずなのに、点心が乗った盆を差し替えるスタッフ。良く見ると、左利きの役員秘書の盆だけが、食べやすいように左右逆に(背の低い器が利き手側)盛り付けられている。ほぉ〜♬やるなぁ富麗華!点心もタロイモ揚げ(香港では良く食べているのに日本ではなかなかお目に掛からない)をはじめ、どれも繊細で丁寧な味付けで、もしかしたら香港よりレベル高いかも!という出来。

Fureika5Fureika6籠包熱々で美味しいよぉ〜」小さな蒸籠に大きめの小籠包。嬉しいことに上品な香りの紅酢に生姜付き。これは間違いのない組合せ。有無を言わせない旨さだ。さらには鶏肉と夏野菜炒め、食事の最後は桜エビとグリーンピースのチャーハン。このチャーハンが実に絶品。口に含むとと最初に桜エビの香りが立ち、パラパラのご飯を味わう快感はもちろんのこと、グリーンピースとチャーシューの異なる歯応え、桜エビの舌触りが、それらが一気に総攻撃をかけてくる。くぅ〜っ、さすがだ、富麗華。あまりご飯モノを食べないお気楽妻も「やられたぜっ!」という顔をして、やはり参った!という顔をしてるだろう私と目を交わす。常温でいただいていた紹興酒を思わずお代わり。

Fureika7Fureika8ザートは4種からチョイス。メンバー5人だから全種類をオーダーして味わえる。どれも美味しいらしいが、私はもうすでに満腹状態。ほんの少し味見をする程度。そこで、会計の後に腹ごなしのために(役員秘書のためにも)階上にある個室を見せてもらうことにする。入口のスタッフにお願いすると快く案内していただく。「あぁ、ここだ!いつも庭が見える部屋って指定して予約するんだ」小さな屋上庭園に面して個室がいくつかあり、他のタイプの個室も含め丁寧に説明してくれるスタッフ。柔らかくカジュアルな接客は心地良く、高級店にありがちな慇懃さはない。「写真お撮りしましょうか」スタッフに勧められ店先で記念撮影。「縦位置でもう一枚行きます!」…撮り慣れてる。

ゃあ、この後良かったら部屋を見てって♬」「わぁ〜いっ!じゃあちょっとだけお邪魔します♡」その日のイベント第2弾は、お気楽妻の春の繁忙期を無事に乗り切った慰労会。都心のラグジュアリーなホテルに宿泊し、のんびりしようという作戦だ。友人たちとの優雅なランチ会に続く、ホテルでの2次会の様子は次週。

コメントする








001940907

SINCE 1.May 2005