Archive for 7 月 17th, 2016

酒豪女子はもてなし上手「小料理屋M」

Mina1Mina2越も落ち着いたし、良かったら次回のシングルの会はウチで!」酒豪女子からそんなメッセージが届いた。初めての1人暮らしも3年、更新のタイミングで同じマンション内で引越を決行。引越祝いを兼ねたホームパーティをやろうという企画となった。スカッシュ仲間のシングル女子3人と、お気楽夫婦が定期的に飲み会を開催することになったきっかけは、3年前のクリスマス。なぜかスケジュールが空いていたクリスマスイブに酒豪女子と過ごすことになって以来。その年に1人暮らしを始めた彼女の住まいにも何度かお邪魔することになった。「わぁ、これ美味しい。ますますお料理上手になったよねぇ」役員秘書も関心しきり。彼女の作る料理は、確かに回数を重ねるごとに上達。

Mina3Mina4とり暮らしなのに食器やグラスもキチンと揃えてあるんだよねぇ」アスリート女子も頷く。オードブルのブルスケッタが盛り付けられているのは、黒い溶岩石のような風合いの四角い大皿。握り寿しでも盛り付けたら映えるだろうな、というオシャレな食器。タコとアサリのニンニク蒸しは白い葉型の皿、パクチーのサラダは涼しげなガラスの器、シャキシャキのコールスローサラダは木の丸皿。一人暮らしには過分な、来客があることを前提とした食器のラインナップ。きれいに揃えたランチョンマット、取り皿、人数分の箸置きなど、誰かをもてなす、という視点がなければ必要のないものばかり。「食器好きなんです」と本人は言うが、それだけではこのセッティングは難しい。

Mina6Mina5もてなし上手なんだよね」お気楽妻が畳み掛けるように誉めると、酒豪女子が照れる。と言うことは、彼女は料理上手なだけではなく、注ぎ上手、もてなし上手、自ら飲み上手となれば小料理屋の女将のキャラクター。ちょいと色っぽく如才ない女将に惹かれて、常連のオヤヂたちが毎日のようにやって来る小さな店。私もきっと常連になる。「そのスマホケース良いですよね。へへ、私も真似っこして買っちゃおうかな」お気楽夫婦が購入したケースが評判のようで、役員秘書もアスリート女子もお揃いのようなスマホケースを買っていた。それを見て自分も買いたくなるという、年上から可愛がられる妹キャラであり、他のメンバーとはひと回りほど年下の末っ子キャラでもある。

Mina8Mina7はどれが良いですか」ワインを抱え笑顔満載の女将。注ぎ上手、飲み上手の顔になる。「角部屋になったし、明るくて良い部屋だよね」引越前の彼女の部屋は1階だったから、防犯上も新居は好評。小ざっぱりとしたインテリア、壁に飾るものも最小限にし、大きな鏡を活用し広さを演出している。決して広くはないものの、女将の細やかな気配りもあり、居心地の良さは以前と同様。ついつい長居をしてしまう。「忘れない内に本もお返ししますね」彼女とは読書仲間でもあり、互いの蔵書を貸し合って読んでいる。読書傾向は近いものの、彼女にぴったりかなと思えば外れたり、意外な作品がハマったり。原田マハを貸し、山本幸久を借り、それぞれお気に入りの作家になった。

しかったぁ。ありがとでした」「おもてなしの腕がどんどん上がっていて、見習わなくちゃだなぁ」帰宅後、メンバーからのメッセージが飛び交う。「新居も居心地がいいね。また通っちゃいそうだわ」とお気楽妻。そうだね、ぜひ常連のオヤヂと一緒に「小料理屋M」へ。

002167923

SINCE 1.May 2005