Archive for 7 月 24th, 2016

すっぴん訪問可♬「イル・パッツィーノ」

IlPa1IlPa2職の後輩夫婦が沖縄に移住し、5年ほど前にオシャレなカフェを始めた。「琉球甘味 サン スーシー」という、北中城にある人気の店。ある日、その後輩(夫)のFacebookの書き込みに、「久々の東京でイルパッツイーノの濃厚トマトウニソースタリアテッレ」という一文が。あれれ?ウチの近所の、あの店か?思わず彼のタイムラインに書き込んで確かめると、まさしく“その店”。その上、シェフのお姉さん(ホール担当)が高校の同級生の奥様なのだという。あらら、それは奇遇。「IL Pazzino イルパッツイーノ Cucina Italiana イタリアの厨房」は、昨年夏にOPENしてから何度か伺ったお気に入り店。地元世田谷の野菜を使ったサラダやパスタ、ドルチェが美味しい店だ。

IlPa3IlPa4る週末、ご近所ジムで汗を流した後に「イル パッツイーノ」に向かった。その日のオススメはムール貝と岩牡蠣とのこと。どちらもいただきます。店のオススメには素直に従うお気楽夫婦。ムール貝はたっぷりトマトとパセリ、ニンニクと一緒にバターで炒め、岩牡蠣(妻のみ)はオリーブオイル掛け。んまい。ビールをぐびぐび。トレーニングで汗を流した後だから、あっという間に飲み干し、キリッと冷えたワインにすすむ。ムール貝を食べ終えたとことろで、シェフから残ったムール貝のスープでリゾットにしましょうか?と尋ねられ、ぜひ!と即答。だったらオーダー済みのパスタはなしで良いですね、と細やかな気配りが少食の2人には嬉しい。でも、商売っ気のないシェフ。

IlPa5IlPa6、やっぱりこの店の野菜は新鮮でシャキシャキ美味しいわ♬」世田谷野菜のグリーンサラダを頬張りながら、お気楽妻が微笑む。彼女がこの店を気に入っている理由は元気な野菜。サラダ好きのお気楽妻は、レタスなどの葉野菜の鮮度で飲食店の食材に対する拘りを見極める。葉の縁が茶色く変色している店は、食材の回転が遅かったり、作り置きをしている場合があり、他の食材に関しても信頼が置けない。逆に、瑞々しくフレッシュな野菜を使っている店は、野菜以外の他の食材も信頼できる、というお気楽妻の法則だ。なるほど、確かにサラダの水ナスやレタスが歯ごたえ良く甘いだけでなく、ローストビーフの肉もジューシーで柔らか。食材の良さを楽しめる。

IlPa7IlPa8真撮るよ、とスマホを向けると、「すっぴんだけどね。ま、いっか」と鷹揚にカメラ目線になるお気楽妻。ご近所のお店の良さは、気取らずに普段着で、すっぴんで出かけられること。カジュアルな普段遣いの店で、美味しいモノを気軽に味わえることは幸福だ。「そろそろリゾットお作りしますか」絶妙なタイミングでシェフから声が掛かる。お願いしますと答えると、あっという間に熱々ムール貝のリゾットができあがった。「うわっ、美味しいよ、これ!」普段はほとんど米を食さない妻。けれども、このシンプルながらムール貝の旨味たっぷりのリゾットを前にすると、食べずにはいられない。躊躇いもなくスプーンが進む。んっ、確かにこれは抜群にうんまいぞっ。

利用ありがとうございます」シェフのお姉さんのご主人(前職の後輩の同級生)もたまたま仲間を連れてご来店。ご丁寧にご挨拶いただいた。お気に入りの店と新たなご縁が繋がったようで、何だか嬉しい夕べ。歩いて2分。すっぴんで訪問可能な美味しい店、イル パッツイーノ。またお伺いします!

002167914

SINCE 1.May 2005