この場所で♬「パークハイアット東京」

Wedding1Wedding21994年に開業したパークハイアット東京。その年にお気楽夫婦は一緒に暮らし始めた。その開業早々に最上階のNYバーを訪問した2人は、初回からパークハイアットマジックに魅せられた。小さなエントランスからエレベータに乗り、ピークラウンジとジランドールのざわめきを横目にしてライブラリーを横切り、エレベータを乗り換え52階に降り立った瞬間、新宿の夜景の中に歩き出していけそうな錯覚に陥る。素晴らしい演出。席からの眺めも、店の雰囲気やサービスもすっかり気に入り、何か良いことがある度に訪れる場所になった。そして何度か宿泊し、ますますお気に入り度が増し、自分たちの結婚パーティをするならここしかない!と開催したのが2000年。スカッシュ仲間を中心に、こぢんまりとして温かく楽しいパーティだった。

Wedding3Wedding4る年にはお嬢さんの中学受験が無事に終わった友人と一緒に、NYバーとNYグリルをハシゴでお祝い。明るい日差しが注ぐNYバーで乾杯し、NYグリルでガッツリと美味しい肉料理を堪能した。妻や自分の誕生日を祝うことを(自分たちへの)口実に宿泊することも何度か。貯まったポイントを使ってパークスイートにアップグレードし、友人たちと一緒に食事をした後に、2次会は部屋で飲むというコースがお約束だった。大きい部屋なら最初から部屋飲みにしよう!と持ち込んだ料理や酒、ルームサービス(フォークナイフを人数分いただくために)でのんびり過ごしたこともあった。デリカテッセンで買い込んだ料理を部屋で食べると伝えると、皿に盛り付けて(料理によっては温めて)部屋まで運んでくれて驚いたこともあった。*ルームサービスよりもずっとお得♬

Wedding5Wedding62016年、結婚16年目の記念日も2人はNYバーにいた。仕事帰りに待ち合わせて行こうかという妻に、客先から向かうから別々に向かおうとフェイントをかけて、こっそり用意したプレゼントを抱えパークハイアットに向かう。感情体温が低い妻に、ちょっとやそっとのサプライズでは驚いてもらえない。先に席に着いていた妻に見えぬよう、ビジネスバッグの後ろに包みを隠し、まずは乾杯の生ビールをぐびり。料理のオーダーを済ませたところで、プレゼントを渡す。「おぉ〜っ」と妻は小さめのリアクション。それでも目ざといスタッフに「何かの記念日なんですか」と尋ねられると「結婚記念日なんです」とスムースに答えるところを見ると、どうやらご機嫌の模様。ここでパーティをしたのだと伝えると、スタッフは「おめでとうございます」と満面の笑顔。

Wedding7Wedding8ライドポテトにシーザーサラダ、去年もここで同じモノを食べたね」と妻が微笑む。あっという間の1年。今年のポテトもカラッと旨い。たっぷりのローメインレタスもパリパリと美味しい。変わらないことを確かめ、安心し、味わい楽しむ。セビーチェを肴にワインをぐびり。遠くにスカイツリー、そして東京タワーのダブルツリーを望む心踊る夜景。お気楽夫婦以外、ほぼ西洋人系の客だけという相変わらず不思議な空間。店名通り、NYCを訪ねているような気分。窓際で記念写真を撮るインバウンド系の観光客。TOKYOもなかなか良いでしょ?と話しかけたくなる。NYCとTOKYOのソーダ割り(意味不明)だ。「デザートはいかがですか」スタッフが尋ねてくる。では、NYチーズケーキをひとつ、軽い気持ちでオーダー。実は、それが彼の思惑通りだった。

めでとうございます♬」誰かの誕生日なのか?どこのテーブルだろうと思っていたキャンドル付きの皿が、思いもせずお気楽夫婦のテーブルにやって来た。え”っ!ホワイトチョコには「Happy Wedding Anniversary♡」のメッセージ付き。「うわぁ、ありがとうございます!」妻のテンションが一気に上がる。やられた。彼らの接客はいつもスマートで、柔らかく、適度な距離感を持っているのにフレンドリー。だからこのホテルは止められない。帰り際、妻が担当してくれたスタッフ(実は彼も含めイケメン君揃い)にお礼を伝えると、エレベータ前まで挨拶しに来てくれた。また来年、伺います。お祝いは、また来年もこの場所で。

コメントする








001453250

SINCE 1.May 2005