“トモ”に祝う夜♡「ビストロ・トロワキャール」

Trois1Trois2IGAさん、6周年記念イベントのご案内です」ビストロ・トロワキャールの木下シェフから案内のメッセージ。待ってました!今年はこの店の周年イベントに合わせ、スカッシュ仲間の快気祝いを企画していた。さらには、肉部に所属する彼を一緒にお祝いするなら、この2人しかいない!という肉部幹部のI葉ご夫婦をお誘いしてあった。各種肉食べ放題、生ビール(ヒューガルデン)&ワイン飲み放題企画に挑むには(少食のお気楽夫婦を除いて)最強の布陣だ。待望の週末。まずはオードブルの盛合せで唸る。パテドカンパーニュ、パテドグランメールの食べ比べ。風味の違いを味わう。好物のサーモンのミキュイ、フローマージュドテットに涙。いずれも繊細で上品で、しみじみ旨い。少量多種の盛合せは落涙の美味しさ。幸福で満足の一皿。

Trois3Trois4日はこれをお出ししまぁす!」シェフが次々と巨大な肉塊を抱えてテーブルにやってくる度に「おぉ〜っ!」と歓声が上がる。手術明けのスカッシュ仲間が満面の笑みで肉のバトンを受け取り、ポーズを取る。大きな肉が実によく似合う。牛、アグー豚、鹿、羊など、各種肉のロースト。盛合せで少量づついただくスタイル。「お代わりいくらでもどーぞ」というシェフに「わぁ〜いっ!」と答えるI葉夫妻。赤ワインをぐびり。「このワインのラインナップでこの料金は凄いですよ」ワイン好きでもある彼らが絶賛する周年記念メニュー。絶好調で2皿めの肉にかぶりつく。赤ワインをさらにぐびり。「今年も年末オードブル企画はやるんですか」「ウチも予約お願いします!」たっぷりと旨い肉を食べながら、年末の肉料理の予約。肉部の面目躍如だ。

Trois5Trois6活頑張ってんですよ」スカッシュ仲間が現状報告。ん?だったら彼女たちの友人にも紹介してもらおうか。その日は偶然にも長野♡LOVEのスカッシュ仲間がママ友と一緒に来店中。さっそく彼女たちの席にお邪魔してご挨拶。ノリの良いママ友たちは歓迎モード。一緒に乾杯し、スカッシュ仲間もご紹介。何度かテーブルを往復しながら互いにテンションが上がっていく。そして自分たちのテーブルに戻ってみると、そこにはグラタン・ドーフィノア(ポテトグラタン)が供され、その横にはブラックホールのような物体が誕生していた。と、よく見るとそれはI葉夫人。真っ黒な長い髪を“サダコ”のように垂らし、真っ黒なセーターを着込み、全てのワインをその体内に飲み込んだ結果、人間ブラックホールのような状態になっていたのだった。思わず写真をパチリ。

Trois7Trois8めでとうございます」6周年のお祝いに送ったプリザーブドフラワーも無事に店に到着。お返しにデザートプレートに結婚16周年のお祝いメッセージを書いていただいた。この店の開店記念日と、お気楽夫婦の結婚記念日は奇遇にも同じ日。毎年一緒に周年をお祝いできる嬉しい関係なのだ。さらに今年は手術から無事生還したスカッシュ仲間もいる。彼のデザート皿には「Félicitations !(おめでとう)」とメッセージ。おめでとうの3乗だ。事前に何も互いに決めていなかったのに、それぞれがプレゼントやお祝いを持参してきたから、まるでクリスマスのプレゼント交換のような嬉しいシーンもあった。これで手術明けのスカッシュ仲間の婚活が上手くいったら、めでたし尽くし。「紹介できるようになったらビストロ808呼んでください」うん、ぜひとも!

れ?これ知らないです!」翌日、SNSでアップされたデザートの写真を見て、I葉夫人が呟いた。それもそのはず。彼女が爆睡状態の時に出てきたデザートは、しっかりダンナが(2皿)食べていた。「なんでタクシーで帰ってきたの?と翌朝怒られました」と、I葉くん。もちろん、彼女を車に押し込めるように帰宅するしかなかったことは、彼女以外の全員が知っている。めでたく、憎めない、可愛い彼女の名前は“サダコ”ではなく、実は“トモ⚪︎”と言う。共に記念日を迎えたお店と、お気楽夫婦の結婚記念日と、婚活中の友の退院を“トモ”に祝う、楽しい夜だった。

コメントする








001453248

SINCE 1.May 2005