I’m Home!ただいま!「グランドハイアット香港」

GrandHyatt1の島から香港国際空港に到着すると、ホームタウンに帰って来たようでホッとする2人。いつものように空港内の7−11で青島ビールを買い込み、タクシーに乗る。湾仔(ワンチャイ)、Grand Hyatt Hotel、プリーズ。ドライバーにそう告げるのは私の役目。海外での英会話は妻の役割だけれど、何度言ったか分からない、このセリフは譲れない。香港に帰って来たぞ!という宣言。数えれば今回でGH香港に12回目の滞在だ。

GrandHyatt2クシーを降り、フロントをスルーして、いつものように30階のグランド・クラブのラウンジでチェックイン。「Wellcome back!Mr. & Mrs.IGARASHI!」と迎えられ「I’m Home!ただいま!」と応える。ところでスタッフがアップグレードとか言ってなかった?ハイアットのポイントでエグゼクティブ・ハーバー・スイート(65㎡)にアップグレードしていたことかと思いつつ部屋に入ると、サプライズが待っていた。

IMG_2933室内に入ると廊下が続き、コーナーに椅子、左に折れると大きなダイニングテーブル、そして2面コーナーの大きな窓があるリビング、隣にはベッドルームに続き大きなバスルーム!なんとそれは予約していたスイートの更に上のヴィクトリア・ハーバー・スイート(90㎡)だった。10滞在目なのでリムジンで空港までお送りしますと言われた前回の滞在に続いての嬉しいサービス。これでますます部屋でも楽しく過ごせそうだ。

GrandHyatt3朝、待望のクラブラウンジへ。ヴィクトリアハーバーを見下ろすこの風景の中で、ゆったり朝食を取るのが香港でのお約束。「Good Morning!Welcome back!」顔なじみのスタッフたちから声がかかる。「Tea or Coffe?」いつも妻はコーヒー、私は紅茶なのだけれど、これは覚える気がないようだ。「帰って来たって感じだね」コーヒーを飲みながら、妻は実に満足気。「今日は何を食べようかな」とメニューを眺める。

GrandHyatt4食ビュフェが充実している上に、その日のスペシャルメニューとして麺粥や卵料理がチョイスできるのがこのラウンジの嬉しいサービスなのだ。搾りたての生ジュース、新鮮な野菜サラダ、ハム、パリパリのデニッシュ。これが私の朝の定番。普段は食べないデニッシュも、ここでは毎朝2つも食べる。小ぶりで美味しいのだ。そして皮蛋、ザーサイやピーナッツなどをトッピングした中華粥。あぁ、今すぐ食べたい!そんな味。

GrandHyatt5足の朝食の後は、ジム&プール。たっぷりストレッチをした後に、1時間ほどクロストレーナーで走って汗を流し、気が向いたらウェイトトレーニング。そしてシャワーを浴びながら洗濯。ロッカールームにある(水着用)脱水機をこっそり使う。*部屋で乾かすためにはこれが大切。そしてプールでガシガシとは泳がず、プールサイドでのんびり過ごし、部屋に戻って読書。これがいつもの2人の午前中のスケジュール。

GrandHyatt6る日のランチは、せっかくだからとダイニングルームで。メニューはホテル自慢のハイナンチキンライス。ホテル1階にある「グランドカフェ」には専用のコーナーまであり、次々にオーダーが入る人気の料理だ。「ん。やっぱり美味しいね」シンガポールのグランドハイアットで、まだ日本では珍しかった20年近く前に初めて食べた際の「んっ、んまい!」と食べた衝撃の味が蘇る。そのレシピを香港でも再現しているのだ。

GrandHyatt8して夕刻。待ってました!の、わんこシャンパンの時間だ。馴染みのスタッフ(スコット)がニコニコと近づいて来て、TWOシャンパン?と尋ねる。妻はスパークリング・ウォーターだ。これも覚える気は無いようだ。オードブルがまた豊富で美味しいから困る。「モア シャンパン?」とスコットが注ぎ足すから困る。少食の2人はここで満足し、外に夕飯を食べに行けないのだ。…こうして香港の日々が過ぎて行く。

コメントする








001726386

SINCE 1.May 2005