やっぱり家事が好き♬「家事三昧の日々」

Uchimeshi1人のとあるよんどころのない事情で、オトナになってから一時的にひとり暮らしに戻った時期があった。そこで、料理や掃除、洗濯、買物、光熱費や税金などの支払いの手続きまで、日常の些事の全てを自分でやることになった。それで毎日うんざりするどころか、嬉々として難なく家事をこなした。家事が嫌ではなく、むしろ大好きだということが分かった。家事全般に目覚め、手際良く家事をする技を鍛えた時代だった。

Uchimeshi2がて大人の事情の原因となった女性(お気楽妻である)と同居することになった。そして、彼女に何か家事を分担してもらうと、自分のやるべきことを代わりにやってもらってありがとう!と素直に思った。お気楽妻は家事は嫌いではないが、やりたい方がやれば良いというスタンスになった。お気楽夫婦の家事分担の割合は、そんなスタートだった。それから27年の歳月が流れ、私の家事全般の割合は増し、技術は向上した。

Uchimeshi32020年春、見えない敵に対抗すべく、お気楽夫婦も籠城という手段を選んだ。2人でテレワークの日々だ。相変わらず朝の早いジジイは、明け方前に起きて朝食の準備をして、コーヒーを淹れるタイミングで妻を起こす。朝食後、妻が仕事の準備を始めている頃、後片付けを行い、掃除や洗濯を済ます。10時にはお茶とスイーツ。ランチの準備をして、夕食のテイクアウトの店を決める。その合間にデスクワーク。あれ?私は暇か?

Uchimeshi4日にはジムに行けないから、普段はやらない時間が掛かる料理にチャレンジ。今日はウチナー料理の日!と宣言して、大好物のクーブイリチー、王道のラフテー、定番のゴーヤチャンプルーなどを作ってみる。友人にいただいた泡盛を飲みつつ、穏やかな休日に安堵する。翌日のランチは残り物のラフテーを使った丼。味の滲みた2日目のラフテー丼は恍惚の味。家事三昧の日々もやっぱり楽しいのだ。あれ?私は籠城好きか?

Uchimeshi5る日、地元JAの「ファーマーズマーケット」という店に行ったところ、賞味期限が近いからプレゼントです!と「丸麦」の小袋を手渡された。ラベルにはお米と一緒に炊くと良いと記載されている。困った。お気楽夫婦宅には炊飯器がない。米がない。ではと、株主優待でいただいたトマトソースを手に取った。あり合わせの食材で作ってみよう!と、出来あがったリゾットはなかなかのお味。あれ?私の料理はアドリブ効いてる?

Uchimeshi8変!マダムからもらった雲丹醤油の賞味期限が近い!」食材のパトロールをしていた妻がアラートを出した。了解。何とかしよう♬お題を出されて、その答えをすぐに返すのは得意だ。さっそくメニューを考える。季節は春と来れば、春キャベツ、新玉ネギが美味しい。それにパスタで一品はOK!そして冷蔵庫の奥にチコリを発見。ツナ缶、クリームチーズ、ピクルスでサラダになりそうだ。少食の2人にはこれで充分だ。

Uchimeshi6ぁ〜っ!美味しそうだ♬」出来上がった料理をテーブルに並べる。ポップなランチョンマットで茶系に寄った料理とのバランスを整える。何たって“雲丹醤油”だから茶系になるのは避けれらない。「ん、旨いよ!さすがだね!」ようやく褒めることを覚えた妻が笑顔で料理を味わう。早朝から仕事を始めるために終電で帰ることもなく、夕食前には仕事を終える。妻の生活も健康的になった。籠城生活も悪い事ばかりではない。

籠城の日々は、一緒にいる時間が長い分、老後の引退生活の予行演習とも言える。家でも(週末でも)たっぷり仕事をする妻。好きな家事に取り組み、妻の仕事をサポートする夫(私)。今のところ、この2人の生活は上手く続けることができそうだ。

コメントする








001726386

SINCE 1.May 2005