おウチご飯で応援♬「地元の頑張る飲食店」

StayHome1車に乗らない日々。自宅の周辺数百メートルの範囲で生活をしている。*ジョギングのコースを除く。そんな生活をする日々で楽しみなのは食事だ。デパ地下で惣菜を買う訳にはいかず、毎食手作りの料理ではレパートリーが限られる。馴染みの飲食店の大半は歩いて行ける場所にはない。となると、余り足が向かなかった店も含め、持ち帰りメニューを選ぶ事になる。だったらこの機会に新規開拓&地元飲食店の応援をしよう!

StayHome2援の1軒目は「エノテカ・クラフト」というピッツェリア。ずいぶん前に1度行ったきりで、その後伺っていないのは距離の問題。近くに同様にピッツアの美味しい店があるから。決してネガティブな記憶があるわけではない。メニューから選んだのはイタリア総菜の盛合せ。小食の2人が食べるには多いくらいのボリュームで3,800円。お得感がすごい!テイクアウトのピッツアは半額!と言う看板にも惹かれたが、さすがに無理。

StayHome3宅に持ち帰って「ビストロ808」用の白い大皿に盛付け直すと、かなりゼータクなディナーになる。盛付け次第で、料理は3割増し、いや5割増し以上の美味しさにもできる。料理も見た目が大切。美味しいことは絶対条件。「ん、味も良いね♬コロナの後に店でも食べなきゃね」と言う妻の発言がテイクアウトのポイント。今はプロモーションの時期なのだと思うことも必要だ。因みにこの店は5月1日まで休業になった(涙)。

StayHome4定またやります!なんでも巻き30本限定」馴染みの「鮨いち伍」の大将が発したインスタの写真とコメントに食いついた。限定バラ寿司企画にはTV会議の時間の関係で購入できなかった。今度こそは!勇んで電話をするとまだ間に合う上に、バラ寿司も用意できると言う。即予約!夕方取りに伺い、折りに入ったバラ寿司と巻物を持ち帰る。見た目でもう美味しい。映える。やっぱり料理は見た目が大切としつこく実感。

StayHome5IGAさんが最初なんですよ!」そうか。数年前、遅い時間に店に立ち寄ると、「えぇ〜っ!シャリないですよ」そんな笑い声に何でも良いよと応えると「仕方ないなぁ」と言いながら作ってくれたのが、“何でも巻き”だった。すると別名IGA巻きか?それにしても大将のSNSの活用は見事だ。数ヶ月前に始めたとは思えないコメントの巧みさ。写真も上手い。旨そうに撮っている。こんな時期だからこそ重要なのが発信力だ。

StayHome6ち帰りのお惣菜はいかがですかぁ」ご近所に聞き慣れない呼び込みの声。見慣れない場所にテイクアウト専用の屋台ができている。近寄ると、この街に居酒屋やバー、焼肉店など数店舗を展開している飲食店グループのものだった。街を歩いていると、別の場所にも同じデザインの屋台が出ている。そのグループの何店舗かは何度か訪ねたことがあり、若いスタッフが頑張っている印象。そうか、こりゃ応援しなきゃだな。

StayHome7れば3店舗分の料理を一緒に並べて販売している。おぉ、グループの強みを活かした良いアイディアだ。さっそく系列の2店舗、デリ&ダイニングの「SUSAN’S」とホルモン焼きの「八輪」の惣菜をゲット。この「SUSAN’S」のある場所は、何世代も前から経営が変わってもずっと飲食店で、どこも馴染みの店だった。我が街の飲食店の栄枯盛衰を実感する場所だ。*今は「TINBER FOOD SERVICE」という会社が経営。

StayHome8っそく持ち帰って小皿に盛り付けて並べてみる。コンビニで買ったスティックサラダと合わせ、自宅居酒屋の雰囲気。これはこれで“あり”だなとご満悦。「ビストロ808」ではなく「居酒屋八十八」か。料理全般が茶系なのもご愛嬌。ビールがすすむ。このグループが屋台で配布していた「STAY HOME GET DRUNK」と大書されたチラシには系列店を中心とした街のMAPと1ドリンクチケットが付いていた。

StayHome9して1ドリンクチケットの傍にはこんなメッセージが。「この街と人に支えられてきました。今の状況が落ち着いた時に、ささやかですが、ぜひみんなで乾杯しましょう」こんな店には、ウイルスなどに負けて欲しくはない。この災禍を乗り越て欲しい、そう思わせる一文だった。こんな現状に、一人ひとりができることは少ない。それでも自宅に籠り、地元で頑張る飲食店を応援することぐらいはできる。おウチご飯で応援だ。

全国民に10万円給付することに異議を唱えるのではなく、お気楽夫婦は堂々といただくつもりだ。政府になんか返さない。元々は我々が納めた税金だ。そして、給付金にさらに所得税はかからないのだから、その10万円は寄付しようと思っている。2人が通うスカッシュレッスンを運営する会社にしようか、医療機関にしようか、自治体はダメだな、これからも営業を続けて欲しい地元の飲食店にしようか。テレワークの合間に、自宅でそんなやり取りを楽しんでいるお気楽夫婦だった。

コメントする








001726378

SINCE 1.May 2005