横浜三塔を巡る旅「OLD横浜探訪 」マイクロツーリズムvol.3&6

Yokohama1Yokohama2大黒埠頭で虹を見て シーガーディアンで酔わされて♪と、サザンでお馴染みのバー「シーガーディアンⅢ」のアフタヌーンティからお気楽夫婦の横浜の旅は始まった。ちなみに「シーガーディアンⅠ」は現存せず、Ⅱは「ホテルニューグランド」に、Ⅲはなぜか「横浜SOGO」にある。

Yokohama3Yokohama4浜中央郵便局を改装した「アソビル」で「バンクシー展」を観た後は、日本大通りへ。ここは日大がある通りではなく、日本で初めての西洋式街路。日本初(横浜には日本初が多い)の西洋式公園「横濱公園」と横浜港初の波止場「象の鼻」を真っ直ぐ結ぶ、緑溢れる大通りだ。

Yokohama7Yokohama8本大通りの周辺には歴史ある建物や謂れが多く、「横浜開港資料館」の中庭にある「たまくす」の木はペリー来航時に描かれた絵にあるタブノキに由来を持つと言うし、神奈川県庁本庁舎(キングの塔)をはじめとした横浜三塔は、その独特の外観で古き横浜の趣を残している。

Yokohama9Yokohama10かにいかにもジャックの塔だよね」と妻が感心する「横浜市開港記念会館」も、クイーンの塔と呼ばれる「横浜税関」も、それぞれがその名にぴったりの佇まい。7月に横浜を訪れた(vol.3)際に晴れて彼女のお気に入りとなり、今回の横浜再訪=横浜三塔探訪の旅となった。

Yokohama5Yokohama6震災や大戦をくぐり抜けて来た古き横浜を学んだ「開港開港資料館」の向かいに建つ「横浜貿易協会」は昭和4年築という味わいのある建物。北欧料理「スカンディア」などの老舗が入居しているのもお似合い。お隣に建つ「ジャックカフェ」と共に古き港町の風情を醸し出す。

Yokohama11Yokohama12食は迷った末にホテルのラウンジで軽く飲んだ後に、「スリーマティーニ」という昭和の香り漂うバーへ。名物のカツサンドをつまみ、店名に敬意を表して「巨峰のマティーニ」で乾杯。ちょっと渋めのオトナな夜を堪能。オトナな妻はいつもの辛口ジンジャーエール。

Yokohama13Yokohama14コハマの夜を締めくくるのは「ホテルニューグランド」の「シーガーディアンⅡ」。ただし入口から見学のみ。写真を撮った中庭にも、館内にも、その後に訪ねた山下公園にも観光客が大勢溢れ、前回の7月の訪問の時とは様相が違っていた。ご近所と近郊の街再発見の旅人多し。

「やっぱり横浜はいい街だね」お気楽妻がしみじみと呟く。恵比寿、鎌倉、横浜、六本木、新宿、そして横浜再訪というお気楽夫婦のマイクロツーリズム。宿泊したホテルの極々周辺だけを歩く旅。それでもその土地の歴史や(もちろん大好きなホテルの)魅力をたっぷり楽しめた。「次は飛行機か新幹線に乗りたいね」という妻の野望は、果たして叶うのか。そんなお気楽な2人の旅は続く。

「もう次も予約したよ!」え?

コメントする








001778408

SINCE 1.May 2005