ハイアットはサブオフィス?「ステイケーションの日々」

staycation03staycation04末毎にハイアットホテルズに籠り、仕事をしつつ休日を過ごしているのには訳がある。客室が広く仕事がし易く、朝食が美味しく、ジムがあってリフレッシュでき、そして何より「ワールド オブ ハイアット 」というメンバーズシップのグレードを上げるという目的のためだった。

staycation01staycation02会すると「メンバー」となり、年間10泊で「ディスカバリスト」、30泊等で「エクスプローリスト」と会員資格が上がっていく。エクスプローリストになると、20%のボーナスポイント、客室のアップグレード、14時までのレイトチェックアウトなどの特典が受けられる。

staycation05staycation06気楽夫婦はエクスプローリストがせいぜいだった。というのも上には上があり、年間60泊で獲得できる「グローバリスト」というグレードが存在しているのだ。通常の生活でホテルに(それもハイアット ホテルズに)年間60泊もできるはずもなく、幻のようなグレードだった。

staycation07staycation08ローバリストになると、スイートルームへのアップグレード、16時までのレイトチェックアウト、クラブラウンジ利用などの特典が得られる。ハイアットファンのみならず、ホテルジャンキーの誰もが垂涎のグレードだ。お気楽夫婦もいつかはグローバリスト!と憧れていた。

staycation09staycation102021年、そんな夢が叶うチャンスが到来した。コロナ禍で苦しむホテル業界が、帝国ホテルのサブスク月額36万円に代表される新たな企画を次々と打ち出した。我がハイアットホテルズ も例外ではなく、メンバーシップの上位の資格獲得のハードルを大幅に下げた。むむむっ!

staycation11staycation12の内容は、会員資格のための宿泊数が1/2となり、2月末まで限定で宿泊数をダブルカウントするという大盤振る舞い。つまりグローバリストになるためには、15泊する「だけ」で良いということだ。好機到来!Go to Hyatt!早速お気楽夫婦は中期計画(得意ジャンル♬)を立てた。

staycation13staycation14期的なグローバリスト資格(単年度)獲得だけではなく、グローバリストになった後にさらにその資格を維持し、妻の引退後の(世界周遊!!)旅行の際にフルに資格を活用しようという作戦だ。中期目標があれば、モチベーションが上がり、短期目標をクリアすることは容易になる。

staycation15staycation16年早々に集中的な週末ホテル籠り生活がスタートし、2月末までお気楽夫婦の客室はサテライトオフィスと化した。そして見事に目標達成!晴れて(なんちゃって)グローバリストが誕生した。そして早々にパークハイアット にお礼参りの宿泊♬そこに2人を待っていたのは…。

い!これはすっごい!」と妻が珍しくテンション高めに歓喜。それもそのはず、スイートルームへのアップグレードは勿論の事、クラブオンザパーク(豪華なスパ付きスポーツクラブ)も無料で、滞在中は何度でも利用可能。さらにクラブラウンジのないパークハイアットは、代わりに「ニューヨークバー」でオードブル付きのフリーフロー♬16時まで滞在できるから0.5泊分くらい余計にホテルライフを堪能できる。そんな太っ腹なサービスが無償提供された。「またすぐに来なきゃだね!」滞在中のほとんどの時間をパソコンに向かっていても、妻の満足度はやたらと高かった。VIVA!!グローバリスト!え!? 次のパークハイアット は来月?

コメントする








001932958

SINCE 1.May 2005