ノンストレスのサービスとは♬「ハイアットフリーク」

Hyatt01の中には多方面にフリーク(熱心な愛好家)が存在するが、なかなか他人には理解できないものも多い。お気楽夫婦は、ホテル・フリークであり、中でもハイアットホテルズを愛して止まない。愛するが余り、ハイアット修行の旅に出ている程。それは「WORLD OF HYATT」という会員制度の最高ランク「グローバリスト」であり続けるための修行。その資格は1年間に60泊という高い壁を超えて得られるもの。ほら、理解不能。

Hyatt0260泊と言えば、6日に1日、毎週1泊以上はハイアットホテルズに泊まるというハイペースで初めて達成できる水準。目指そうと言うことがすでにおバカである。しかし、現在のお気楽夫婦の会員資格はグローバリスト。コロナ禍の昨年、特別企画で宿泊数がダブルカウントされ、達成基準が下げられた30泊(すなわち実質15泊)で達成できたのだ。但し、会員資格は1年更新だから、1年限りのなんちゃってグローバリスト。ふぅ。

Hyatt03のグローバリストであり続けるという目標は、妻の卒業(定年退職)旅行の際にその資格をフル活用したいと言う目的に基づいている。現在の資格の有効期限は2023年2月。それを最低1年、少なくとも妻の卒業時まで延長しようと言うもの。そのための修行に入り、これまでは順調にいくつかのマイルストーンまで進んで来た。それと言うのも、経済的負担は別として、修行が全く辛くないから(笑)に他ならない。そりゃそうだ。

Hyatt04行そのものが好きなホテルに滞在して楽しむことだから、ただ辛くないだけではない。心地良いのだ。例えば、パークハイアット東京でのチェックイン時、少し早めに到着した2人はホテル内でランチを取って待つつもりでフロントに荷物を預けた。ところがフロントマンはチェックインの手続きをしてくれただけではなく、どこでランチを取るか伝えなかったはずなのに、席まで客室のキーを届けに来てくれたのだ。びっくり。

Hyatt05室に入ると、さらにびっくりが2人を待っていた。宿泊を伝えていなかったのに、懇意にしていただいているスタッフの方からワインとフルーツが届けられていた。事前にお伝えするといつもお気遣いいただくので、こっそり泊まる(笑)計画だったのに。そしてご機嫌のままでいつもの天空のジム「クラブオンザパーク」に向かい、受付で部屋番号を伝えると、2人のサイズのシューズが速やかにスタンバイされる。これは嬉しい。

Hyatt06して夕食時、いつもの「NYバー」でがっつりと頼んでしまった料理を食べきれず、ダメもとで部屋に料理を持ち帰っても良いかとスタッフに尋ねると、「もちろんです。お部屋にお持ちします」と笑顔で即答。ん?思わず目を見交わすお気楽夫婦。2人の聞き間違いかと思ったら、やはり持って来ていただける模様。部屋に戻るとすぐに、銀のトレーに恭しく乗せられたフレンチフライが後を追ってやって来た。これは凄い!

Hyatt07かを遠慮がちに(←これ大事)お願いすると、速やかに(←これも大事)期待以上の対応が返って来る。2人にとって、これは究極のノンストレスのサービス。ホテルに2人が望むのは、過剰にへりくだり気取ったサービスではなく、フレンドリーで気が利いたサービス。旧来の日本のホテルは、お高く止まり、ゲストを無用に緊張させ、融通が利かず、ゲストが気疲れするサービスが多かった。それではリラックスできない。やれやれ。

Hyatt08念ながら、全てのハイアットホテルズが2人の望むサービスを提供できている訳ではない。チェックイン時に手間取ったお詫びに頂いた無料ドリンク券を、バーのスタッフの勘違いサービスで台無しにされたり、卓球(アイディアは凄いのに)用に提供された宴会スペースが事前の予約をしたにも拘らず(黒服のスタッフが2人も会場まで着いてきたのに)エアコンが入っておらず、蒸し風呂状態だったり。←これはかなり困った。

お気楽夫婦は、決して高慢で傲慢な宿泊客ではない、と思っている。心地良く嬉しいサービスに対してはキチンと感謝を伝え、宿泊後のアンケートにも賛辞を記す。*私の名前で妻が回答するので内容は正確には分からないが。

満足できるサービスや味に対しては、きちんと対価を支払うだけでなく、リピートするという最高の評価を贈る。だからこそ、パークハイアット東京には20回以上、40泊以上泊まり、パーティを2回も開催している。それが最高の評価で、最大の賛辞だ。お客さま(宿泊客)は決して神様ではなく、ホスト(ホテル)から心地良いノンストレスのサービスを享受できる、幸福で対等なゲストだ。だから、明日もお気楽夫婦は辛くも苦しくもない(そうあって欲しい)修行を続けるのだ。お〜っ!by妻。

コメントする








002015587

SINCE 1.May 2005