快適的香港(ホテルまったり編)「快適の基準」

Photo_42お気楽夫婦の旅の満足度は、ホテルの快適度に左右される。だからこそ、真剣に事前調査を行う。部屋の広さは?間取りは?窓からの眺めは?シャワーブースはあるか?スパの充実度は?ジムの設備と営業時間は?スカッシュコートはあるか?駅からのアクセスは?などなど、旅の目的によって優先すべき項目が変るが、概ね調査項目は変らない。いかに快適にホテルに籠ることができるか…が、2人のホテル選択、そして評価の基準。

Jpg_1ザ・ランドマーク・マンダリン・オリエンタル」の評価は、香港国際空港到着時に大きく跳ね上がった。飛行機を降りてゲートを出ると、スタッフが何人か。あれ?こんな場所でもうお迎え?と不思議に思った私の腕を妻が引っ張る。「ねぇ、これ私たちのこと?」見ると、赤いジャケットを着た空港職員が持っているマンダリン・オリエンタルの歓迎ボードに「Mr.IGA」の文字が!あれ?何だぁ?聞けばホテルのサービスで、カートで迎えに来てくれたとのこと。何しろ香港の空港はでかい。動く歩道を乗り継いでも入国審査までは何分も掛かる。それをカートですいすいと運んでくれるのだ。うっひゃぁ。嬉しい。運転手が「Excuse me !」と声を掛けながら乗客を追い越すたびに注目され、ちょっと照れる。でも楽チン。スタッフは、素朴なにきび顔の男の子。入国手続きを終えた2人を先回りして待ち、Airport Expressの乗り口まで荷物を運び送ってくれる。世界周遊中の中田や、浜崎あゆみも、こうして彼が迎えたと嬉しそうに話してくれた。ふぅ~ん、くすぐられる話に思わずチップも少しだけ弾む。事前調査からは漏れた、サプライズサービス。良い旅の予感に互いに目を見交わすお気楽夫婦。

P1030643_2ところで、香港新空港は中心街から離れたが、いたって快適。入国からAirport Expressに乗り、駅に降り立ち、ホテルに到着するまで、一切階段を使わずに歩ける。(その素晴らしい機能的な設計に、来る度に成田と比較し溜息を付く)そして、マンダリンにチェックイン。スモール&ラグジュアリーなホテルに見合った、小ぢんまりしたフロントデスクと、ロビーと呼ぶにはあまりに狭いソファースペース。中環(セントラル)のど真ん中の“隠れ家”的な佇まい。こりゃぁ良い感じ。スタッフの応対も丁寧ながらフレンドリー。案内された部屋に入ると、思わずにんまり。ひと目で快適な空間だということが伝わる、広く明るい室内。

Photo_44今回予約した部屋は、<Landmark Spa Corner King>というタイプ。リビングとベッドルームの間に仕切りはなく、天井付近がガラス張りのバスルームが暖かな円い壁で、緩やかに3つのスペースを分けている。その壁には大型の液晶TVが2台、それぞれベッドルームとリビングに向いて嵌め込まれている。部屋の色遣いも上品で、デコラティブではない、二人の好み。そして何よりも、この部屋の目玉は巨大なバスルームの中央に鎮座する、やはり巨大な円形のバスタブ。それは、10人用の中華テーブルほどの大きさで、バスピローを使い、ゆったりのんびりできる。(バスルームにも液晶TV)満足の仕様。ホテル付帯のスパ施設も、最新マシンを揃えたジムも快適で素晴らしかったが、このバスタブで過ごした時間の方が長かったほど。

Photo_46そして、朝食用のレストランも満足な味とサービス。お気楽夫婦が“ジャパニーズ・タイム”と呼ぶ、朝早めの時間に席に付きスタッフに尋ねると、やはり最初の客だとのこと。他の客がいないのを幸いに、店内を撮影。細い金属製のバーが、オーロラのように何百本もぶら下がるオブジェが特徴の不思議空間。但し、先端恐怖症の私は、怖くて見上げられない。全館で113部屋しかない小さなホテルのレストランらしく、ここはビュフェスタイルではない。細々と選ぶオーダーは面倒だが、その分スタッフとコミュニケーションができて楽しい。

Photo_47私が選んだのは、Mediterranean Fritt(地中海風オムレツ)。熱々ジューシー。妻はポーチドエッグ。ふんわり旨い。何種類かの中からチョイスできるフレッシュジュースも、それぞれ旨い。さらには、美しいフルーツサラダがどのセットにも付いてくる。嬉しい。朝から巨大円形風呂に浸かった後の水分補給を兼ね、朝の爽やか気分にぴったり。カトラリーや食器も上品で爽やか。気分良く一日をスタートするぞっ!今日もまた元気に食べるぞっ!という気持になる。

Photo_48それにしても、このホテルのスタッフのホスピタリティは素晴らしい。最終日の朝、いつものようにレストランスタッフと何気ない会話をした後に、ペストリーを(持て余していたのを見ていたらしく)可愛いテイクアウト用のBOXに入れてくれた。(そして帰国した翌日の二人の朝食となった)レストランをひとつ、バーもひとつしか持たない小さなホテルが故に、街のレストランの予約もスムース。コンシェルジェが気軽に電話してくれる。足裏マッサージの予約を入れてくれた際には、「新しくきれいだし良い店ですよ」というコメント付き。友人に薦められた店に安心して出かけられる気分。彼らとのやりとりで、思わずゆったりとし、ふっと笑みが漏れる。和みの時間が流れる。あ~ぁ良いホテルだとこっそり頷く。

…こんな風に、3泊4日の香港滞在の、濃厚な時間が過ぎていった。快食、快憩、快眠、快遊、そして何よりも快適な旅。そうなのだ。設備は“快適”の大事な要素だし、“美味”ももちろん欠かせない。しかし、最も大切な快適の要素は、“ホスピタリティ(おもてなし)”。お気楽夫婦がまた訪れたいと評価するホテルは、そこが最大のポイント。一見の客には慇懃無礼に、そして得意客(上客)には過敏に対応するようなホテルは居心地が悪い。初めてなのに、ほっとする、寛げる、いつか“戻って来たい”と思わせる、そんなホテルでの心地良い時間を過ごすことを求め、今年もまたお気楽夫婦は旅に出る。

1つのコメントがあります。

  1. 大人にきび にきび跡 吹き出物 情報館 〜にきび情報.com〜


    大人にきび にきび跡 吹き出物

    トラバ失礼いたします。ニキビについて記事を書いたのでトラックバックさせていただきました。
    是非一度おこしいただけたら幸いです。昔から、「出物、腫れ物、ところかまわず」と言いますが、にきび、吹き出物ができるときは、本当に場所を選んでくれないので困りものです。

    顔や首筋などの部分に出来てしまった場合は、他人の目が気になるものです。ひどい場合はコンプレックスになってしまわれる方もいらっし…

コメントする








001824754

SINCE 1.May 2005