週末ランチで乾杯♬「ビストロ・トロワキャール」

BestSelection陰神社前のビストロ・トロワキャール。この店の料理は、仄暗いディナータイムの店内でダウンラライトに照らされる、舞台上の役者にピンスポットが当たるような演出がぴったり。けれど、ランチタイムの明るい日射しの中で、仲間たちとワイワイと楽しむ場にも良く似合う。例えば、オードブルの盛合せ。白い皿に美しく飾られたシャルキュトリー、スモークサーモン、キャロットラペ、夏野菜のマリネ。シェフ渾身の一皿。

Takahataの一皿を楽しみにやって来た絶品の数々。ご一緒したのはスカッシュ仲間の友人たち。転勤していた仲間の1人の転職祝い。「おめでとう!乾杯♬」明るい時間に飲むビールの何と美味しいことか。続いてスパークリングワイン。高畠ワイナリーの「嘉-yoshi-」というお手頃で美味しい1本。続いて同じく高畠のルオール・シャルドネ。爽やかで飲口の軽い1本。どちらも日中に飲むにはぴったり、肉料理に合わせても美味しい。

SawaraIGAさん、この店どれもすっごい美味しいね」初めて訪問した友人が囁く。そう、食べれば分かる。この店の料理の素晴らしさ。ひとつ一つの料理はエッジが利いていてボケ味がない。食材と調理法、味付けがそれぞれきちんと主張していて、かつ絶妙なハーモニーを奏でる。肉料理が看板なのに、魚料理や野菜料理が美味しいのもニクいポイント。その日の鰆もカリカリ、ジューシーで、夏野菜との相性も抜群。

Chikenっかり山男になったよね」転勤先の東北の街で、登山やスノーボードに目覚めたスカッシュ仲間。渋滞のない道を走り、気軽に向かえる山やスキー場を満喫して帰って来たらしい。後は嫁さんを見つけて来るだけだったのにね、という軽口にちょっと苦笑いと余裕の微笑みが溶け込む。それだけ充実していた転勤(先での週末)生活だったのだろう。久しぶりに会う仲間たち。話題も尽きず、さらにワインを1本追加。

Peachわぁ〜っ!美味しい♡」デザートを口にした奥さまたちが唸る。桃尽くしの冷たい一皿。食感の異なる桃のスイーツが絶妙なバランスで器の中でマリアージュ。1対1のマリアージュではなく、一夫多妻、または一妻多夫の複雑な結婚模様。素晴らしき桃ワールド。こうしてオードブル、メイン、ワインにデザートまで、完璧な週末ランチを味わった。その日もまた最初の客で、最後の客。満足気分と満腹を抱えて店を出る。

たねぇ〜」と、仲間たちと別れた後、会えなくなっていた友人と偶然にも再会。その日のランチにもお誘いしたかったけれど、叶わなかった彼女と挨拶ができた。ふぅ〜っ。満足の週末ランチに小さくて大きなオマケも付いた。そんな週末ランチにあらためて乾杯!

コメントする








002159325

SINCE 1.May 2005