あゝ青春の葉山「ラ・マーレ&葉山マリーナ」

Hayama1Hayama2気楽夫婦にとって、葉山には特別な思い出がある。それも別々に。学生時代、友人2人と一緒に中古のディンギーを購入し、野比や三浦海岸でセーリングを楽しんでいた私。そのディンギー(Y15)の購入の際、前の所有者の方が艇置していた葉山マリーナまで中古艇を引き取りに行った。マリーナの会員になどなれない貧乏学生にとって、そこは華やかな別世界だった。数年後、某百貨店の外商マンだった私は、VIP客の誕生パーティを企画した。竹芝からクルーザーをチャーターし、東京湾クルージングの後、葉山沖に停泊し(大き過ぎて係留できなかった)マリーナまで招待客を送迎。2階のレストランで食事。その場で私の退職もお祝いしていただいた。前職での私の最後の仕事だった。

Hayama3Hayama4の腱鞘炎療養のためと称し、週末ショートトリップに選んだ先は、そんな記憶が蘇る葉山。チェックイン前のホテルで借りたクロスバイクを駆って、ランチにやって来たのは「ラ・マーレ」。創業300年の「日影茶屋」が経営する人気のレストランだ。葉山の海に浮かぶように、波打ち際に建てられた洋館。この春にリニューアルしたばかりの真っ白な外観が眩しい。1階のカフェ・ブラッセリーで、まずは名物だというお刺身サラダを肴に「湘南ビーチFMビール789」をぐびり。そして佐島産タコのラグーパスタをいただく。ピリッと辛く濃厚なラグーソースがビールに良く合う。んまい。何より、平日の日中に飲むビールは、禁断の味わいが加わり格別に旨い。すまんすまん。

Hayama5Hayama6だかキレーになったなぁ」ラ・マーレのすぐ隣にある葉山マリーナに立ち寄った妻の感想。あれ?意外なほどにお気楽モード。20年以上前、妻と元カレ(というか元夫)はこのマリーナをベースに本格的な競技用クルーザーに乗っていた。たぶん彼は今でも通っているはず。すなわち、大げさに言えば、私にとってこのマリーナは結界が張られた空間。そこに2人一緒に立ち入ることは、その結界を破ることになる。「ショップで何かお土産でも買ってく?」あれれ?さらにお気軽モード。結局、妻はリゾート風Tシャツと短パンを買い、私はなぜかヨットの信号旗デザインの腕時計を購入。ふぅ〜む、この時計は結界踏破の記念だと思えば良いか。腕時計を変え、クロスバイクに跨る。

Hayama7Hayama8に葉山灯台、遠くには江ノ島が見える。残念ながら富士山の姿はなかったけれど、無風、快晴、湿度も低い。絶好のサイクリング日和だ。スタンダップ・パドルボードが人気のようで、波のない海面をアメンボのようにスイスイと何人もが漕いで行く。森戸海岸まで戻り、森戸大明神にお参り。岬の先には石原裕次郎の石碑がある。「夢はとおく 白い帆に のって消えていく…石原裕次郎を偲んで」裕次郎のレリーフと共にそんな詩が刻まれている。間近に見える葉山灯台は通称「裕次郎灯台」と呼ばれ、彼の3周忌の際に建設されたものだという。湘南の海を愛し、ヨットを愛した彼の石碑と一緒に記念撮影。さぁて、では裕次郎が大好きだったという葉山コロッケでも買いに行くか!

山元町の交差点からすぐ、「葉山コロッケ」を売っているのは「旭屋牛肉店」という小さな店。1ヶ80円、2人分2ケで160円也をゲットして、その日の宿へ。以前からずっと宿泊したかった、待望のホテル「SCAPES THE SUITE(スケープス ザ・スイート」という4部屋だけの小さな宿だ。ホテルの詳細は明日のブログで♬

コメントする








002159325

SINCE 1.May 2005