ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ

リゾート(スパ・温泉)

  • ★★★ :読書のためのリゾートホテル
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320
  • TEL:0460-82-2000
  • URL:http://www.hyattregencyhakone.com/
  • 宿泊:2007年3月

画像クリックで拡大

ロビー外観夜のロビー朝のロビーハイアット箱根サンルームハイアット箱根ベッドルームハイアット箱根洗面ハイアット箱根スパスパドレッシングルームメインダイニングは寿司朝ご飯妻の朝ご飯ハイアット箱根外観

ハイアットグループのブランドは、いくつかに分かれる。日本で展開しているのは、300室以下のスモール&ラグジュアリーのトップブランド「パークハイアット」、そして300室以上の大型ホテルで伝統的なグランドホテルを現代的にアレンジした「グランドハイアット」、開業以来の基本ブランド「ハイアットリージェンシー」と続く。ハイアットリージェンシーに「リゾート&スパ」という呼称が付く箱根の場合は、全室クラブルーム扱いの上位ブランドに位置づけられる。そのハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパは、森トラストが建築したものの開業にまで至らなかった「グランフォーレ強羅」を一部改修して開業したホテル。

そんな経緯はともかく、この宿は読書スペースが充実していることで、お気楽夫婦の評価が高い。客室のサンテラスにある椅子も、ベッドに続く大きなソファも、そして何より大きな吹抜けと暖炉が印象的なリビングルームと呼ばれているロビーのソファが読書にぴったり。さらに、夕方には無料のシャンパンサービスがあり、グラスを片手に読書するという至福の時間が訪れる。ちなみに、夕食として選んだ寿司は絶品ながら、調子に乗って食すと冷や汗が出るお値段。とは言え、客室も、ONSENと呼ぶ大浴場も、スパも、心地良い空間。また是非再訪したいホテルだ。

【快楽主義宣言より ※ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ滞在記

■「読書のための宿」2007年4月7日

■「箱根ダイニング」2008年4月8日

:あくまで個人の嗜好・お気に入りの度合いです