20年目のウサギ、これからもずっとのワイン「神泉 遠藤利三郎商店」

Endoh1の誕生日、結婚記念日、さすがに自分の誕生日は覚えているが、記念日は、忘れるものだ。ところが、今はFacebookという強い味方がいる。お節介にも、Facebookで繋がっている友人たちの誕生日を毎日知らせてくれるし、「思い出」と称して、何年前の今日、あなたはこんなことをしていましたよ!と毎日教えてくれる。他人にとってはどうでも良い事でも、自分のことだと、あぁ、そうだったとしばし想いに耽る。

Endoh2は(大きな声では言えないが)、今年の結婚記念日を当日まで失念していた。数日前まではっきりと覚えていたのに、どんな予定にしようかと妻と話をしていたのに、飛んだ。すっかり忘れ、週末のスカッシュの筋肉痛が酷いからトレーナーの所に行こうか…とまで言っていた。そして当日の朝、お告げがあった。神よ!ザッカーバーグよ!感謝します。そして、さもずっと覚えていたかのように、当日の作戦を練ったのだった。

Endoh3択肢は3つ。結婚パーティを20年前に開催した「パークハイアット 東京」、同じ日が開店記念日という「ビストロ トロワキャール」、そして「神泉 遠藤利三郎商店」だ。パークとトロワは行ったばかりだし、ご無沙汰の遠藤にしようかと店に連絡すると、いつものカウンタ席が空いているという。すかさず妻に確認し、予約。さて、後はお気楽妻へのプレゼントだ。何にしようか。残された時間は少なく迷っている時間はない。

Endoh7調べると、結婚20周年は磁器婚というらしい。磁器とはハードルが高いお題だ。カップではないし、磁気ネックレスは磁器違いだし…。ん?ネックレス?磁器のペンダントトップはどうだろう?ロイコペやら、ウェッジウッドならありそうだ!と閃いた。とは言え、妻との約束の時間までは1時間。店の場所からほど近い、東急本店に出向く。宝飾の売場に近寄ると、お手伝いをとか、お探し物は?と、ワサワサ販売員が寄ってくる。

Endoh8局、磁器のアクセサリーはなく、食器売場に向かった所、「Herend」というハンガリーの磁器ブランドの売場に光が差していた。遠目でも可愛い磁器の動物やら人形やらが飾られ、そのショーケースのひとつにペンダントトップが並んでいた。ここからは決断が早いと評判の私の本領発揮。妻の干支のウサギを発見し、チョーカーなどいくつかの組合せからチョイス。これだ!ラッピングも美しく、我ながらグッチョイス♬

Endoh6算を済ますとちょうど閉店時間。奇跡的な逆転で、薄氷の勝利。そのまま歩いて神泉へ。約束の時間より早めに店に到着し、店長の斎藤さんと相互に近況報告しつつ、オススメのスパークリングをいただく。そして遅れて到着した妻と同居して27年、入籍して20年目の乾杯。あっという間の27年、そしてお気楽な20年の結婚生活だった。そして、今日のために考えてたよという顔でサラッとプレゼントを渡す。

Endoh4長の斎藤さんの選ぶ何杯目かのワインをいただきながら、持ち帰りのワインの相談。前回、自粛期間明け早々に訪れた際に、期間限定の種類販売免許を申請し、ワインを販売していると聞き、何本か購入して持ち帰ったのだ。店内で飲むだけでは“飲んで応援”も限界がある。ささやかなながら、その日も選んでもらうワインを持ち帰ろうという算段。自分たちのお気に入りの店が、これからも続いて欲しいからこその応援だ。

Endoh5して、このワインはお気楽妻から私へのプレゼントが(予想通りに)ない代わりに、自分へのプレゼントでもある。そして、妻から私への目に見えないプレゼントは、自分では飲まないのに、27年以上もの間、嬉々として一緒に“飲みに”行ってくれることだ。思えば、こんな2人の関係は30年近く変わらない。これからも、きっと。願わくば、ずっと。「ん、良いよ」と、お気楽妻の返事は、相変わらずお気楽。きっと、ずっと。

コメントする








001790199

SINCE 1.May 2005