美魔女たちとの宴「ラ・コッポラ」

Coppola1Coppola2魔女と呼ばれる女性たちがいる。そのネーミングには賛否両論があり、必ずしも好意的に受け取られてはいない。嫉妬?調べてみると、単に年齢を感じさせない若さを保ち、“アンチエイジング”に励んでいる女性のことを指すのではないらしい。「美魔女」を商標登録している(!!)光文社によると、経験を積み重ね磨かれた内面の美しさ、いつまでも美を追求する好奇心と向上心、美しさが自己満足にならない社交性、などを備えていることが必要らしい。そんな女性、そう簡単に…いるなぁ。それも身近に何人も。その筆頭、還暦を超えた美魔女(1)は、40歳以下という年齢制限をものともせず、TOEIC900点超えの実力で見事に採用試験に合格。この春から英会話の講師の仕事に復帰する。

Coppola3Coppola450歳を超えた美魔女(2)は、フラワーアレンジメントの先生だけでは飽き足らず、ワインの資格を取り、いつの日かワインバーを開業したいと勉強に励む。間もなく50歳を迎える美魔女(3)は、娘のお受験がうまく行った後に、常勤のオフィスワークに復帰。故郷に独り暮らす母を思い、可能な限り帰省する孝行者。3人の共通点は、愛娘を美しく賢く育ててきただけではなく、自らもポジティブに生活を楽しんで来たこと。自分の美を自覚し、自分自身を磨くことは言わずもがな、周囲を明るく楽しくする社交性を持ち続け、何より一緒に飲んで楽しいこと。←これが一番大事(笑)。春のある夜、そんな3人とご一緒することになった。「ラ・コッポラ」というドンチッチョの姉妹店。

Coppola7Coppola8初はお気楽夫婦を入れて4名の予約。サバのスモークとオレンジのサラダ、ホタルイカと菜の花のサラダなどの春らしいイタリアンをいただきながら、ワインを楽しんでいた。そこに突然、他に予定があり参加できなかった美魔女(3)が登場。うわぁ〜っ!びっくり!と驚く仲間を見て、してやったりの笑顔。茶目っ気たっぷりの末っ子気質。スケジュールを変え、メンバーには黙ってサプライズで顔を出すことにしたらしい。改めて5人で乾杯。一段と盛り上がった勢いのまま、名物料理(その日は黒豚ロース)のミラノ風カツレツ、ウサギとグリーンピースのパッパルデッレなど、いずれもその日のオススメ、伝統郷土料理をいただく。どの料理もドンチッチョと同様に美味絶品。

Coppola6Coppola5インもう1本飲んじゃおうか」にこやかにワインを選ぶ美魔女(2)。サービススタッフもワインの選択権があるのは彼女だ!とターゲットを美魔女(2)に絞り込み、説明をしつつワイン談義で盛り上がる。何本目かのワインが空になった頃、デザートが登場。皆気持ち良く食べ、豪快に飲み、スイーツにも目がない。けれども、その摂取したカロリーを消費し、体重や体型を調整する努力は怠らない。「勉強ぜんぜんしなかったぁ」とテスト前に口を揃えながら、毎回いい点を取る中学生のように、「食べて飲んでばっかりで、すっかりデブ」などと宣う彼女たちのことばは信じてはいけない。密かに、時には堂々と、美や体型を保つ生活を行い、それが身に付いているのだ。尊敬。

しかったねぇ♬」深夜残業続きの妻が、帰りの車中で呟く。その夜の店の選択は、妻の会社から歩ける(残業している妻が早めに参加できる)店が条件だった。美魔女仲間たちとの宴は、集中し過ぎてしまう妻の息抜きになり、エネルギーの充填になったらしい。私ならとっくに倒れてしまっているだろう仕事の量に立ち向かい、毎日元気に仕事に向かう妻は、まさしく魔女。あと数週間は続くハードワークの日々を、美味しい食事と美魔女たちとの楽しい時間で、乗り越えられることを祈る。「あ、ニンジンは他にもぶら下げるよ!」と妻。らじゃ。

コメントする








002156541

SINCE 1.May 2005